リボグリタゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リボグリタゾン
Rivoglitazone.svg
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
185428-18-6
ATCコード none
PubChem CID: 3055168
ChemSpider 2316729
UNII 3A3N0634Q6 チェック
ChEMBL CHEMBL2104753
化学的データ
化学式 C20H19N3O4S
分子量 397.448 g/mol

リボグリタゾン (Rivoglitazone、開発コードCS-011) はかつて第一三共により開発されていたチアゾリジン系抗糖尿病薬であり、2型糖尿病の治療を目標としていた[1][2]

第III相臨床試験が完了し、日米欧で2011年に承認申請することを目指していた[3]が、2009年7月31日、「他薬剤との差別化が難しい」との理由から、開発が中止されたと発表された[4]

出典[編集]

  1. ^ Schimke K, Davis TM (2007). “Drug evaluation: rivoglitazone, a new oral therapy for the treatment of type 2 diabetes”. Curr Opin Investig Drugs 8 (4): 338–44. PMID 17458185. 
  2. ^ Kong AP, Yamasaki A, Ozaki R, Saito H, Asami T, Ohwada S, Ko GT, Wong CK, Leung GT, Lee KF, Yeung CY, Chan JC (2011). “A randomized-controlled trial to investigate the effects of rivoglitazone, a novel PPAR gamma agonist on glucose-lipid control in type 2 diabetes”. Diabetes Obes Metab 13 (9): 806–13. doi:10.1111/j.1463-1326.2011.01411.x. PMID 21492364. 
  3. ^ 第一三共 グリタゾン系糖尿病治療薬、日米欧で11年に承認申請へ” (2008年2月21日). 2014年11月5日閲覧。
  4. ^ 第一三共 リボグリタゾン、オルメサルタン適応拡大を開発中止” (2009年8月3日). 2014年11月5日閲覧。