リベンジ・フォー・ジョリー 愛犬のために撃て!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リベンジ・フォー・ジョリー
愛犬のために撃て!
Revenge for Jolly!
監督 チャッド・ハーボルド
脚本 ブライアン・ペトソス
製作 アーロン・L・ギンズバーグ
ウィリアム・グリーン
ブライアン・ペトソス
製作総指揮 ダン・バーク
ピーター・フラックマン
アラン・グレイザー
クリストファー・ウィルモット
マイケル・B・ワンダーマン
出演者 ブライアン・ペトソス
オスカー・アイザック
イライジャ・ウッド
クリステン・ウィグ
ライアン・フィリップ
音楽 デイヴ・フレミング
ジャスティン・ホーリー
撮影 ダニエル・カッツ
編集 ヴィト・デサリオ
マイカ・スカルペリ
製作会社 Atlas Independent
A Saboteur
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年5月7日
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

リベンジ・フォー・ジョリー 愛犬のために撃て!』(リベンジフォージョリー あいけんのためにうて、Revenge for Jolly!)は2012年アメリカ合衆国アクションコメディ映画

2012年4月にニューヨーク市で開催されたトライベッカ映画祭で初上映された[1]

日本では劇場未公開だが、2014年1月29日にDVDが発売されている[2]

ストーリー[編集]

孤独で荒んだ生活を送っていたハリーは、ある「仕事」でミスを犯したため、愛犬のジョリーと町を逃げ出すつもりで、いとこで親友のセシルに別れを告げるが、自宅に戻るとジョリーが無惨に殺されていた。唯一の心の拠り所だったジョリーを失い、復讐に燃えるハリーは、セシルとともにジョリーを殺した犯人の行方を追う。しかし、完全に正気を失っているハリーは、相手が少しでも犯人の居場所を隠そうとしたり、気に食わない言動を取ったりすると、有無を言わさず撃ち殺してしまう。そして、セシルもビールと麻薬で正気を失っていき、2人の行く先々で次々と無関係の人々が殺されて行く。こうしてようやくジョリーを殺したとされる男エバレット・バックマイヤの居場所にたどり着いた2人だったが、ハリーはセシルを車に残して1人でエバレットと対峙する。エバレットはハリーの目的を知った上で家に招き入れる。エバレットの家から銃声が鳴り響くが、ハリーとエバレットがどうなったのかは不明のまま物語は終了する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

参考文献[編集]

外部リンク[編集]