リベッチオ (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リベッチオ
トリエステにおいて
トリエステにおいて
基本情報
建造所 リヴァ・トリゴソ造船所
運用者  イタリア王立海軍
艦歴
起工 1931年9月29日
進水 1934年7月4日
就役 1934年11月23日
最期 1941年11月9日、潜水艦の雷撃により沈没
要目
基準排水量 1,615トン
全長 106.7メートル
最大幅 10.15メートル
吃水 3.31メートル
ボイラー ヤーロー式重油専焼水管缶3基
主機 パーソンズ式ギアードタービン2基2軸、44,000馬力
最大速力 38ノット
航続距離 12ノット/4,000海里
乗員 兵員183人
兵装 新造時:
OTO1931年式50口径12センチ砲イタリア語版:連装2基
ヴィッカース・テルニ1917年式39口径40ミリ砲:2基
ブレダ モデル31イタリア語版13.2mm機銃:4基
53.3cm三連装魚雷発射管:2基
テンプレートを表示

リベッチオ(Libeccio)は、イタリア海軍駆逐艦マエストラーレ級駆逐艦の一隻である。

セストリ・レヴァンテティレノ・エ・リウニーティ造船イタリア語版リヴァ・トリゴソ造船所イタリア語版にて1931年9月29日に起工し、1934年7月4日に進水。同年11月23日に就役した。

1940年7月、北アフリカ行きの船団の護衛として出撃。9日、護衛艦隊とイギリス海軍との間でカラブリア沖海戦が発生したが、リベッチオは戦闘には参加しなかった。

8月、マエストラーレ級4隻でシチリア海峡機雷を敷設する。

11月11日、イギリス軍空母艦載機によるタラント軍港攻撃が行われ、イタリア海軍の戦艦3隻が大損害を受けた。この攻撃の際、リベッチオにも爆弾が命中したが不発だった。

1941年11月8日、リベッチオを含む6隻の駆逐艦に護衛されたイタリアの船団はイギリス海軍の攻撃を受けた。船団は全滅し、護衛の駆逐艦も1隻が沈められた(デュースブルク船団の戦い)。リベッチオこそは無傷だったが、翌朝生存者の救助中にイギリスの潜水艦アプホルダーの雷撃で撃沈された。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]