リベザル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リベザル(Ribesal。またはルベザル (Rubezal))は、コラン・ド・プランシーによればポーランドに伝わる悪霊で、ポーランドとチェコスロバキアの近くにそびえるルゼンベルク山の山頂に棲んでいるといわれる。

山頂を雲で覆い隠したり、大嵐を起こしたりするとされる。一説にはノームの王ともされる。

地獄の辞典』では非常に個性的な姿で描かれている。禿げた頭に日本の天狗のような長い鼻をし、首のまわりには木葉が生えており、胴体は、右手はのハサミ、左手は甲虫の足、右足は山羊、左足はになっている。そして右手には二股のフォークを握っている。この絵により、リベザルが有名な悪魔になったのは想像に難くない。

実際のところ、おそらくリベザルとは、ドイツリーゼンゲビルゲに棲むと言われる精霊リューベツァールのことだろう。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 草野巧『幻想動物事典』新紀元社〈ファンタジー事典シリーズ〉、1997年5月、325頁。ISBN 978-4-88317-283-2