リビングバイブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The Living Bible
正式名称 The Living Bible
略称 TLB
完全版
出版時期
1971
翻訳の
種類
パラフレーズ
著作権状態 Copyright 1971 Tyndale House Publishers

リビングバイブル(英語-The Living Bible)とは、1971年にアメリカの神学者ケネス・テイラー(Kenneth N. Taylor)によって作成(翻訳)された英語版の聖書。のちに日本語を含む他言語でも翻訳された。

新約聖書は1967年完成。他の多くの聖書と違い、多くが意訳されている(全体の31%が意訳といわれている)。伝統的な聖書はとても堅苦しい言葉で子供や教育を受けてない人には継続して読むことができなかった。そこでテイラーは日常生活で使用される言葉と英語聖書であるアメリカ標準訳聖書(ASV)を元に数年かけて何回も改訂し意訳した[1]。後にテイラーは多くをシカゴの職場への通勤途中で翻訳したと語っている。

日本[編集]

日本ではいのちのことば社から日本語版が発売発行されている。

初版は、英語版の翻訳理念を踏襲した日本人牧師による和訳で、旧約聖書1983年2月10日新約聖書1984年5月30日[要出典]という情報が本項によりもたらされていたが、後者は英和対照(『新版 英和対照リビングバイブル 新約』)の奥付でいう初版初刷の年月日に一致する。また旧新約聖書全巻そろった新版の奥付によると初刷は1982年10月15日、また改定新版では1978年4月15日となっている。

改訂は、いのちのことば社員らより選抜された3名ほどの担当者から成る「日本語版リビングバイブル改訂委員会」[2]により行われており、新版の初刷は1993年11月20日、改訂新版は2016年5月15日である。

分かりやすく心に響く日常語でつづられた、パラフレーズで動的等価な意訳であるが、改訂の際には原典に忠実な翻訳を特長とする『新改訳聖書』が参照されている。[3][4]

改訂基準は

  1. 福音的立場
  2. 福音書を重点的に改訂した
  3. キリストの権威にふさわしい表現にした
  4. 不快語・差別語を見直した(しかし、1999年版においてらい病という言葉が用いられている。)
  5. 誤解を与えた部分は伝統的な釈義に沿って見直した

ISBN[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Review of the Living Bible (1971)
  2. ^ 新版によれば、湖浜馨村瀬俊夫斎藤潔ら3名が委員として協力している。
  3. ^ 聖書がわかる!
  4. ^ 新改訳聖書の特長

外部リンク[編集]