リビジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リビジョン(英語名称
RE:VISION JAPAN)[1]
団体種類 一般社団法人[1]
設立 2014年1月[1]
所在地 日本の旗 日本東京都
渋谷区代々木1-57-2
ドルミ代々木6階[1]
北緯35度41分6秒東経139度42分5秒座標: 北緯35度41分6秒 東経139度42分5秒
法人番号 2011005005691
主要人物 代表理事 斎木陽平[1]
活動内容 青少年による熟議を奨励する事業[1]
青少年の未来創造事業[1]
ウェブサイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

一般財団法人リビジョンは、2014年1月に設立された、「これからの日本の未来を担う人財を輩出する団体」[1]である。

高校生未来会議[編集]

2013年12月3日、ホームページ公開[2]

2013年12月26日、10人の女子高生が実行委員を務め約150人の女子高生が参加したイベント「第1回女子高校生未来会議 『女子高校生100人×女性ロールモデル』」を主催した[3]。会場は衆議院第一議員会館で、内閣総理大臣夫人安倍昭恵があいさつ、自由民主党衆議院議員宮川典子逢沢一郎らも出席した[3]

2016年3月24日18歳選挙権実施を前に国会内で開かれた「全国高校生未来会議」を主催した[4][5]

2017年3月27日-3月28日、「第二回全国高校生未来会議」を開催予定[6]

18歳選挙権[編集]

2014年2月22日、代表理事斎木陽平が衆議院憲法審査会参考人として招致され、日本国憲法の改正手続に関する法律の改正案に関して、投票権年齢と選挙権年齢の同時引き下げを主張した[7]

2016年6月26日渋谷駅ハチ公前で、代表理事斎木陽平が自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs)の奥田愛基ら主張や立場が異なる6人とともに、18歳選挙権実施後初めての選挙となる第24回参議院議員通常選挙での投票を若者に呼びかける緊急アピール行動をおこなった[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

リビジョン[編集]

高校生未来会議[編集]