リヒャルト・ベーア=ホフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リヒャルト・ベーア=ホフマン(ベール=ホーフマン)(Richard Beer-Hofmann, 1866年7月11日 - 1945年9月26日)はオーストリアの作家。ユダヤ系。親交のあったホーフマンスタールヘルマン・バールアルトゥル・シュニッツラーと並んで青年ウィーン英語版の一員であり、ウィーン世紀末文化的な印象主義ユーゲントシュティールを代表する存在である。

憂愁・繊細美を特徴とするといわれ、ホーフマンスタールやシュニッツラーの作風に近いといわれる。

長編小説「ゲオルクの死(1900年)」にその傾向が端的に現れているといわれ、この作品はストーリーの発展を抑え、もっぱら主人公「私」の気分・夢・回想・内省などを様式化し、装飾的な言語で語っている。

1938年アメリカ合衆国亡命ニューヨークで死去。

政治的にはシオニストの立場をとった。

主な作品[編集]

  • 1900年 "Der Tod Georgs" (小説)
  • 1919年 "Schlaflied für Mirijam" (詩集)
  • 1904年 "Der Graf von Charolais" (戯曲)
  • 1918年-1934年 "Die Historie vom König David" (戯曲)