リヒャルト・トラウトマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ドイツの旗 ドイツ
男子 柔道
オリンピック
1992 バルセロナ 60kg級
1996 アトランタ 60kg級
世界柔道選手権
1993 ハミルトン 60kg級

リヒャルト・トラウトマン(Richard Trautmann、1969年2月7日- )は、ドイツミュンヘン出身の柔道選手。階級は60kg級。身長168cm[1]

人物[編集]

1992年のバルセロナオリンピックでは準決勝で韓国の尹鉉に判定で敗れるが銅メダルを獲得した[1]。1993年の世界選手権では準決勝で園田隆二と対戦して、ポイントの取り合いの末に内股で有効を取られて敗れるが3位となった。1996年のアトランタオリンピックでは準決勝でイタリアのジローラモ・ジオビナッツォ背負投で敗れるものの再び銅メダルを獲得した[1]

現在はドイツのジュニアチームのコーチを務めるとともに、地元のクラブチームのコーチも受け持っている[2]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]