リヒャルト・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リヒャルト
Richard
Prince Richard.jpg
リヒャルト(2010年6月)
配偶者 ベネディクテ・ツー・デーネマルク
子女
全名
家名 ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク家
父親 グスタフ・アルブレヒト
母親 マルガレータ
出生 1934年10月29日
ドイツの旗 ドイツ国ヘッセン州ギーセン
死亡 (2017-03-13) 2017年3月13日(82歳没)
ノルトライン=ヴェストファーレン州ベルレブルク
宗教 キリスト教ルーテル教会
テンプレートを表示

リヒャルト・プリンツ・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルクドイツ語: Richard Prinz zu Sayn-Wittgenstein-Berleburg, 1934年10月29日 - 2017年3月13日)は、ドイツの貴族、実業家。ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク侯爵家家長。

経歴[編集]

ザイン=ヴィトゲンシュタイン侯家家長グスタフ・アルブレヒトと、スウェーデンオトラント公爵英語版家出身でアタナス・フーシェの曾孫に当たるマルガレータ英語版の間の長男として生まれた。

1944年にドイツ第23装甲師団所属の騎兵中尉として従軍中だった父が戦闘中行方不明となり、1969年にグスタフ・アルブレヒトの法的な死亡宣告が出されると、リヒャルトがザイン=ヴィトゲンシュタイン=ベルレブルク侯家の家長となった。リヒャルトはミュンヘン大学、次いでゲッティンゲン大学林学を専攻し、大学卒業後はベルレブルク城ドイツ語版の城主としてザイン=ヴィトゲンシュタイン家の財産管理団体を経営した。同家の資産は1万3000ヘクタールの森と国内外にある150の地所、そして多くの株で構成される。

オランダ王太子ベアトリクスクラウス・フォン・アムスベルクの結婚式に出席した際、リヒャルトはデンマーク王女ベネディクテフレゼリク9世の次女)と知り合い、二人は1968年2月3日にフレンスボー宮殿英語版で結婚した。夫妻は1男2女に恵まれた。

参考文献[編集]

  • Johannes Burkardt und Ulf Lückel: Das Fürstliche Haus zu Sayn-Wittgenstein-Berleburg. Werl 2005, ISBN 3-9810-3150-4

外部リンク[編集]

ベネディクテ王女とリヒャルト(1960年代)