リナ・ボヴリース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リナ・ボヴリース (Rina Bovrisse、1974年 - )は、ファッション・エグゼクティブ、デザイナー、起業家、活動家。シャネル出身、パーソンズ美術大学卒業。ヴォーグの「Prada Vs The UN」をはじめ、社会的に影響力のあるブランドに対する注目度の高い訴訟事件の活動家として認められている[1]国際連合人権高等弁務官事務所に史上初ファッション業界の問題をカウンターレポートし、国連から日本政府に対して働く女性の人権侵害を違法化する法律を作る勧告が出るよう働きかけた女性活動家。2011年に革新的なプレスクール、「シャトースクール」を開校。現在、東京・麻布の本校のほか、ハワイに分校「ボヤージュスクール」がある。「世界外交プログラム」を通して小さなこども達が年間100カ国の文化を学ぶことができる[2]。 2016年、ウォール・ストリート・ジャーナルのファイナンス紙は、2020年頃、ボヴリースが、東京都知事選出馬を予定している事を発表[3]

生い立ち[編集]

アメリカンスクールに通学。1990年、マンハッタンに移り国連インターナショナルスクールへ通学予定のところ、住居の問題で ニューイングランドにある名門私立ローレンスアカデミーで寮生活を過ごす。1992年、パリに移住。パリ・アメリカン大学、パーソンズ・パリ、パリ大学に通学。その後ロンドンに移住し、セントラル・セント・マーチンズ大学にてファッションデザインを勉強。1998年、ニューヨーク パーソンズ美術大学 BBAデザインマーケティング学科卒業。 一緒に卒業した友人には、フランス ファッション雑誌 L'OfficielやJalouse一家の娘ヴァネッサ・ベルジェオンや、ランセル一家の娘などがいる[4]。 2009年パリ・アメリカン大学大学院に合格。パリ在住中に、プラダ アメリカ本社に勤めていたニューヨークの親友の推薦で、プラダ ジャパン本社のプラダ・ミュウミュウの500名の従業員を含む全運営統括責任者として役員職を推薦され着任。パリ・アメリカン大学大学院への進学予定を変更し、東京へ移住した。

キャリア[編集]

ラグジュアリーブランド[編集]

1990年代初め、10代からファッションキャリアをスタート。当時 ヴィヴィアン・ウエストウッドマルタン・マルジェラなどを取り扱っていたセレクトショップなどのリエゾンとして、小さなバイイングオフィスを開いた。パリ Les Bains Douchesのイベントに頻繁に現れた。 ニューヨークに移住後 コム・デ・ギャルソン のショールームで働き、ソーホー (ニューヨーク) の新世代として、映画『KIDS/キッズ』で女優デビューしたモデルのクロエ・セヴィニーなどと交友関係を持つ。パーソンズ美術大学 卒業後、コム・デ・ギャルソン のエグゼクティブオフィスでキャロリン・ベセット=ケネディ、レニー・クラヴィッツ、ロバート・デ・ニーロなどのセレブリティのプライベートアポイントメントを手伝う。プラダ アメリカ本社にリクルートされ、プラダミュウミュウブランドのマーケティング部に所属し、ミラノのショールームで働いた。2001年から約10年間、シャネル アメリカ本社のファッション本部にてマーケットアナリスト、商品開発、バイイングなどを、パリ本社にも所属しつつ手がけた。

シャネル[編集]

シャネル出身。ファッションキャリアの大半を、ニューヨークとパリのシャネル本社のファッション本部勤務で過ごす[5]

シャトースクール[編集]

2011年、ボヴリースは多様性や国際的な経験を学ぶプレスクール、シャトースクールを企画[6]。2012年、情報番組にて「最も進化している幼児教育」として紹介された。2016年、フジテレビにて、シャトースクールの質の高い幼児教育を尊重した17分間独占ドキュメンタリーが放送された[7]。 そのほか、『ヴォーグ』、『NUMERO』、『エル』、『WWD』、『フィガロ』などのファッション雑誌に取り上げられている。[8]

メディア[編集]

ボヴリースはファッション業界での活動により、タブロイドやメディアに取り上げられている。

2010年4月ELLE (雑誌) フランスに「ウーマン・オブ・ザ・ウィーク」[9]、2010年9月ブルームバーグ (企業) アメリカ に「グローバル経済のヒロイン」、2011年1月スペインの新聞Correio da Manhãにミシェル・オバマカーラ・ブルーニと共に年間の「アイコン的女性」として選ばれた。

2013年5月28日、ヴォーグ が、ボヴリースの記事、"Prada Vs The UN" を掲載、人気記事1位となった[10][11][12]

TV番組[編集]

2013年8月6日、 アメリカ テレビ局CBS ロサンゼルス 番組のアンドレア・フジイレポーターとのインタビューで、「私はファッション業界の全ての差別やハラスメントをなくしたいだけ、だって、それは美しくないから」と発言[13]。 2013年12月2日、アメリカ ディズニーABC テレビジョングループ・ユニヴィジョンコミュニケーションズ・フュージョンテレビの運営する全米ライブのテレビ新番組 D.N.A. に出演[14] 。番組はニュース、ライフスタイル、ポップカルチャー、エンターテイメントなどを議題とし、音楽家・アーティストのオプラ・ウィンフリーのインタビュー・コーナーもあり、オプラ・ラジオのホストも務めるDerrick Ashongが司会者である[15] [16] 。この番組にボヴリースはファッションウィーク・スペシャルのゲストスピーカーとして出演し、ファッションについて話した。「誰も自分自身について不快に思ってはいけないわ。自分自身がどのようにプレゼンテーションするかはあなたそのものスタイルであり、あなたが何を着て、どう見えるかはあなた自身の大切な個性なのだから、皆自分自身を心地よく感じるべきです。」[17]

新聞[編集]

2010年3月、ジャパンタイムズがプラダ女性差別事件の表紙記事を出した事をきっかけに、ボヴリースとプラダ女性差別事件はその後数年間、以下の世界中のメディアで表紙や連載記事として取り上げられた。

ブルームバーグ (企業)ハフィントン・ポスト、New York (magazine)、デイリーニューズ (ニューヨーク)、Daily Finance by AOLUSAトゥデイYahoo!ニュースABCニュース (アメリカ)GoogleニュースヴォーグELLE (雑誌)、WWD、The Daily Beast、BuzzFeed、Jezebel (website)、ガーディアンデイリー・メイルテレグラフザ・サンフランス通信社、フランステレビ局 Canal+、M6 (TV channel)|M6、フランス新聞 ル・モンドリベラシオンフィガロ、L'Expansion、コリエーレ・デラ・セラ、Affari Esteri、il Giornale、ラ・レプッブリカ、Affaritaliani、イタリアテレビ局、Sky Italia、Tribune de Genève、ディー・ツァイトディ・ヴェルト、Correio da Manhã、RIAノーボスチ、The China Post、サウスチャイナ・モーニング・ポスト自由時報、インド日刊英字新聞 ザ・タイムズ・オブ・インディアヘラルドサン、中近東新聞 Kuwait Times、B92、Iltalehti、Politiken、De Standaard、ブラジル通信社 O Globo、UPI通信社、Realitatea TV、テレビ朝日フジテレビ日本テレビ共同通信社産経新聞毎日新聞婦人公論AERA

社会的活動[編集]

社会的に影響力のあるブランドに向けた企業の社会的責任活動において、世界的に尊重され認められている活動家。世界中の弁護士と国際NGOのネットワークを通じて、従来とは異なる斬新なキャンペーン・アプローチを提供。社会活動のブランド化を行う世界規模のスペシャリスト。

国際連合[編集]

プラダ男女差別事件[編集]

2012年、東京地裁の女性裁判官、森岡礼子は、ボヴリースの訴えを退け、以下の判決を下した。「ラグジュアリーファッションブランドなら差別は認められ、報酬の高い女性社員ならある程度のセクハラは耐えるべき」。またプラダは、被害者であるボヴリースに対して名誉毀損の反訴を提起した[18] 。2013年5月に国際連合はボヴリースを後援し、国連高等弁務官事務所は日本政府に対して緊急に職場でのセクシュアルハラスメントを禁ずる法律を作り、被害者達が復讐を恐れず告発できる社会環境を作るよう勧告を出した[19]

世界男女格差指数[編集]

2013年、ボヴリースは日本は世界で3位の経済国であり、働く国民の42%が女性でありながら、女性の社会地位は国際連合発表の「世界の女性の社会地位統計」2012年版では135カ国の中101位である事を指摘した。2013年には日本女性の社会地位が105位に悪化し、これはカンボジアとナイジェリアの間であること、パキスタンの女性の社会地位から20位しか変わらないことも指摘[20]。 政権が「女性が輝く日本」を掲げるなか、2014年は104位[21] 。2016年の日本の世界男女格差指数は101位と、経済大国としては考えられない低さであり、改善には日本女性の積極的な発言が必要とされる[22]

アメリカ商工会議所[編集]

2013年アメリカ商工会議所のウーマン・イン・ビジネス委員会は、ボヴリースをウーマン・イン・ビジネスのグローバル唱導者として、東京アメリカンクラブのスピーチに招いた[23]

アジア・トランスナショナル・コーポレーションズ・モニタリング・ネットワーク[編集]

2012年5月8日、アジア・トランスナショナル・コーポレーションズ・モニタリング・ネットワーク(Asian Transnational Corporations Monitoring Network )はLVMH グループに対して プラダ男女差別事件 の中心人物であったセバスチャン・スール (Sebastian Suhl) をジバンシーに採用した事に対し、抗議書を提出した。2013年6月7日には香港の15組織が広報レポートに共同署名し、プラダ男女差別事件 におけるボヴリースの支援と、世界の女性のエンパワーメントの改善を求めた。

香港立法議会[編集]

香港証券取引所[編集]

2011年5月、ボヴリースは香港立法議会に招かれ立法大臣と議員と対面。香港国会自由民主党のトップ、エミリーラウ (Emily Lau) 委員長と、香港労働組合コンフェデレーション・オブ・ジェネラル・セクレタリー、リーチェックヤン (Lee Cheuk-yan) 委員と香港証券取引所が、プラダ・グループが女性人権の侵害をしている中で上場が認められたことは、グローバル企業のコンプライアンスに違反するとの対談を行なった [24][25]。その後、 香港証券取引所 の規定に、上場の承認過程にコンプライアンスの承認を必要とする項目が追加された。

香港大学[編集]

UNウィメン[編集]

2013年10月、ボヴリースは国連ウーマンの広報として、香港大学比較公共機会均等香港婦人連合の法則(CCPL)と女性のための学研究センター(WSRC)の主催により、エミリー・ラウ委員長や香港のNGOが参加する中、推進の提唱を主張した。2013年10月には、香港大学、香港婦人連合の法則(CCPL)と女性学研究センター(WSRC)が主催する会合で、国連女性の推進の提唱を説いた[26]

TED[編集]

法科大学院、大学、ファッション専門学校でのTEDイベントで、男女平等と積極的な行動について講義を行う。

Change.org[編集]

2013年4-8月の間に、Change.orgのボヴリースを支援し、プラダの名誉毀損反訴に反対・取下を求める嘆願書には222,000人以上の署名が集まった[27]

政治[編集]

2016年6月15日に、2020年頃に東京都知事選出馬を予定していることを発表した。「日本がどれだけ女性を尊重し、輝かせ、新しい機会を創出しているか、とよく言われますが、すべてフィクションで口先だけです。女性が現実的な変化を楽しむには、私達も男性だけのものと思われている仕事をするべきです。だから出馬を予定しています。私たちの政治のシステムにすでに関与している政治家は、洗脳され、現実的な社会での経験が乏しいため、問題が見えていません。女性の賃金が低く、所得格差が上昇していることなど、関与している男性達は何も解っていません。日本がまったく変わることができない理由です」と述べた。[28]

References[編集]

  1. ^ http://www.vogue.co.uk/article/prada-rina-bovrisse-lawsuit-un-statement-released
  2. ^ http://openers.jp/article/1277988
  3. ^ http://www.barrons.com/articles/the-woman-calling-out-the-failures-of-abenomics-1465952263
  4. ^ Slapped Zac Posen PR Files Law Suit (Vogue.com UK)”. Vogue.co.uk (2012年11月9日). 2013年9月16日閲覧。
  5. ^ http://www.barrons.com/articles/the-woman-calling-out-the-failures-of-abenomics-1465952263
  6. ^ http://www.barrons.com/articles/the-woman-calling-out-the-failures-of-abenomics-1465952263
  7. ^ http://datazoo.jp/w/シャトースクール/24938898
  8. ^ http://openers.jp/article/1277988
  9. ^ Les femmes de la semaine 23/04/2010 - Elle”. Elle.fr. 2013年9月16日閲覧。
  10. ^ Prada Rina Bovrisse Lawsuit - UN Statement Released (Vogue.com UK)”. Vogue.co.uk (2013年5月28日). 2013年9月16日閲覧。
  11. ^ Pesek, William (2010年9月9日). “Prada Wears Devil in Eyes of This ‘Ugly’ Woman: William Pesek”. Bloomberg. 2013年9月16日閲覧。
  12. ^ Welcome: CHATEAU BON BON, Inc. | British Chamber of Commerce in Japan”. Bccjapan.com (2013年9月11日). 2013年10月22日閲覧。
  13. ^ Ex-Prada Employee Who Accused Fashion House Of Discrimination Fights Nearly $800K Countersuit « CBS Los Angeles”. Losangeles.cbslocal.com (2013年8月6日). 2013年9月16日閲覧。
  14. ^ Fusion Launches With President Obama And Satire
  15. ^ About Oprah Radio Host Derrick N. Ashong - Oprah.com
  16. ^ Derrick Ashong & Oprah Winfrey - YouTube
  17. ^ Ex-Prada Employee Sues the Company for Firing 'Ugly' People - Fusion
  18. ^ http://www.barrons.com/articles/the-woman-calling-out-the-failures-of-abenomics-1465952263
  19. ^ http://www.vogue.co.uk/news/2013/05/28/prada-rina-bovrisse-lawsuit---un-statement-released
  20. ^ http://www3.weforum.org/docs/WEF_GenderGap_Report_2013.pdf
  21. ^ http://www.japantimes.co.jp/news/2014/10/29/national/japan-remains-near-bottom-of-gender-gap-ranking/#.VFbAoEuQtFE
  22. ^ http://www.barrons.com/articles/the-woman-calling-out-the-failures-of-abenomics-1465952263
  23. ^ ACCJ | Details - Rejecting the Code of Silence: A Japanese Woman Breaks Rank to Fight for Working Women's Rights | The American Chamber of Commerce in Japan
  24. ^ Imogen Fox. “Prada's attempts to storm Chinese market hit by feminist protesters | Fashion”. The Guardian. 2013年9月16日閲覧。
  25. ^ May 3, 2011 (2011年5月3日). “Hong Kong Feminists Bristle at Prada IPO - Fashion Scoops - Fashion”. WWD.com. 2013年9月16日閲覧。
  26. ^ http://www.hku.hk/press/news_detail_10312.html
  27. ^ http://www2.ohchr.org/english/bodies/cescr/cescrs50.htm
  28. ^ http://www.barrons.com/articles/the-woman-calling-out-the-failures-of-abenomics-1465952263

新聞記事リンク [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37] [38][39][40][41][42][43][44] [45][46][47][48][49][50][51][52][53][54][55][56]

  1. ^ Rina Bovrisse, too ugly for Prada... - JAPAN”. FRANCE 24. 2013年9月16日閲覧。
  2. ^ Pesek, William (2010年9月9日). “Prada Wears Devil in Eyes of This ‘Ugly’ Woman: William Pesek”. Bloomberg. 2013年10月22日閲覧。
  3. ^ Prada Employee's Lawsuit Now Involves 'Discrimination,' Aid From UN”. Huffingtonpost.com (2013年4月24日). 2013年10月22日閲覧。
  4. ^ Prada SUES Ex-Employee Who Says She Was Told To Change Hair, Lose Weight”. Huffingtonpost.com. 2013年10月22日閲覧。
  5. ^ Prada Store Manager Claims She Was Forced To Fire 'Old, Fat, Ugly' Employees”. Huffingtonpost.com. 2013年10月22日閲覧。
  6. ^ U.N. Pressures Prada to Stop Sexual Discrimination in Japan - The Cut”. Nymag.com (2013年5月23日). 2013年10月22日閲覧。
  7. ^ Discrimination Lawsuit Against Prada Japan Dismissed - The Cut”. Nymag.com (2012年10月31日). 2013年10月22日閲覧。
  8. ^ Prada Sues Former Employee for Voicing Discrimination Complaints - The Cut”. Nymag.com (2013年10月18日). 2013年10月22日閲覧。
  9. ^ Ex-Employee’s Suit Against Prada Japan Gains Momentum - The Cut”. Nymag.com. 2013年10月22日閲覧。
  10. ^ Ex-Prada Employee Sues Japanese Division for Discrimination - The Cut”. Nymag.com (2013年10月18日). 2013年10月22日閲覧。
  11. ^ Prada Responds to Discrimination Complaints in Japan - The Cut”. Nymag.com (2013年10月18日). 2013年10月22日閲覧。
  12. ^ Prada Japan Employee Accuses Management of Trying to Fire ‘Old, Fat, and Ugly’ Workers - The Cut”. Nymag.com (2013年10月18日). 2013年10月22日閲覧。
  13. ^ Garvey, Marianne. “Ex-Prada staffer Rina Bovrisse fights to block fashion house's $780K countersuit”. NY Daily News. 2013年10月22日閲覧。
  14. ^ Watson, Bruce. “In Japan, the Prada 'Look' Comes with a Side Order of Discrimination”. DailyFinance. 2013年10月22日閲覧。
  15. ^ Watson, Bruce (2010年5月14日). “Prada Japan Accused of Forcing Staff to Buy Its Merchandise”. DailyFinance. 2013年10月22日閲覧。
  16. ^ Former Prada Japan staff employee Rina Bovrisse, who filed law suit against Prada for harassment, tears off the prospectus of Prada during a protest outside the Hong Kong Stock Exchange Friday, June 24, 2011. Shares of Italian fashion house Prada SpA have risen slightly in their debut on the Hong Kong stock exchange Friday. (AP Photo/Kin Cheung) | View photo - Yahoo News”. News.yahoo.com (2011年6月24日). 2013年10月22日閲覧。
  17. ^ AFP: Prada Japan hits back at ex-employee over harassment lawsuit”. Google.com (2010年8月25日). 2013年10月22日閲覧。
  18. ^ Makino, Catherine (2010年7月19日). “Japan Prada Case Probes High-Fashion Harassment”. Womens eNews. 2013年10月22日閲覧。
  19. ^ Prada Rina Bovrisse Lawsuit - UN Statement Released (Vogue.com UK)”. Vogue.co.uk (2013年5月28日). 2013年10月22日閲覧。
  20. ^ Former Prada Japan Manager Loses Legal Case - Fashion Scoops - Fashion”. WWD.com (2012年10月31日). 2013年10月22日閲覧。
  21. ^ Hong Kong Feminists Bristle at Prada IPO - Fashion Scoops - Fashion”. WWD.com (2011年5月3日). 2013年10月22日閲覧。
  22. ^ Former Manager Sues Prada Japan for Discrimination - Legal - Business”. WWD.com (2010年3月19日). 2013年10月22日閲覧。
  23. ^ Jenna Lyons Will Not Wear Google Glass; UN Backs Woman Who Sued Prada Japan for Sexual Discrimination”. The Daily Beast (2013年5月24日). 2013年10月22日閲覧。
  24. ^ Amy Odell (2013年6月25日). “Prada Desperate To Quash Press About Former Employee Who Sued For Sexual Harassment”. Buzzfeed.com. 2013年10月22日閲覧。
  25. ^ Amy Odell (2013年5月23日). “UN Supports Woman Who Sued Prada Japan For Sexual Harassment”. Buzzfeed.com. 2013年10月22日閲覧。
  26. ^ Amy Odell (2013年4月5日). “Woman Who Sued Prada For Sexual Harassment Fights $780,000 Countersuit”. Buzzfeed.com. 2013年10月22日閲覧。
  27. ^ U.N. Stands Behind Woman Suing Prada Japan For Sexist Discrimination”. Jezebel.com. 2013年10月22日閲覧。
  28. ^ Prada Store Manager In Japan Says She Was Ordered To Fire The "Old, Fat And Ugly"”. Jezebel.com. 2013年10月22日閲覧。
  29. ^ Former Prada Employee Explains Her Discrimination Suit”. Jezebel.com. 2013年10月22日閲覧。
  30. ^ Julia Kollewe. “Prada fails to catch the eye in Hong Kong | Business”. theguardian.com. 2013年10月22日閲覧。
  31. ^ Imogen Fox. “Prada's attempts to storm Chinese market hit by feminist protesters | Fashion”. The Guardian. 2013年10月22日閲覧。
  32. ^ Japan: Prada axes ugly staff | Mail Online”. Dailymail.co.uk (2010年3月13日). 2013年10月22日閲覧。
  33. ^ Former Prada worker in court case over 'ugly' comments”. Telegraph (2010年4月19日). 2013年10月22日閲覧。
  34. ^ Reporter, Staff (2010年3月12日). “Prada 'urged to cull ugly staff' | The Sun |News”. The Sun. 2013年10月22日閲覧。
  35. ^ Prada ruling 'preposterous' says former employee”. Dailytelegraph.com.au. 2013年10月22日閲覧。
  36. ^ Prada denies it wanted 'fat' managers sacked in Japan”. Dailytelegraph.com.au. 2013年10月22日閲覧。
  37. ^ Au Japon, Prada est accusé de licencier "les moches"”. Lemonde.fr (2010年4月20日). 2013年10月22日閲覧。
  38. ^ … et le cynisme de Prada - Libération”. Next.liberation.fr (2013年10月18日). 2013年10月22日閲覧。
  39. ^ Rina Bovrisse, too ugly for Prada... - JAPAN”. FRANCE 24. 2013年10月22日閲覧。
  40. ^ Harcèlement : Prada gagne un procès”. Lefigaro.fr (2012年10月27日). 2013年10月22日閲覧。
  41. ^ Japon : jugée trop grosse, une ex-salariée de Prada perd son procès”. Leparisien.fr. 2013年10月22日閲覧。
  42. ^ Japon : il est dangereux de s'attaquer à Prada”. Leparisien.fr (2010年8月25日). 2013年10月22日閲覧。
  43. ^ Prada et les "moches". Rina Bovrisse n’a pas dit son dernier mot” ((フランス語)). Paris Match. 2013年10月22日閲覧。
  44. ^ Prada vs Rina Bovrisse, licenciée pour sa "laideur"” ((フランス語)). Paris Match. 2013年10月22日閲覧。
  45. ^ Giappone, Prada licenzia i dipendenti "brutti, vecchi e grassi": è polemica - Corriere della Sera”. Corriere.it. 2013年10月22日閲覧。
  46. ^ Diavolo d'un Prada, lui licenzia i grassi e i brutti”. Il Giornale Del Friuli. 2013年10月22日閲覧。
  47. ^ Giappone, ex manager Prada denuncia "Licenziano le persone brutte e grasse"”. Repubblica.it. 2013年10月22日閲覧。
  48. ^ Troppo brutta per lavorare da Prada. Dipendente fa causa”. Affaritaliani.it. 2013年10月22日閲覧。
  49. ^ Prada est accusé de virer les moches | Tribune de Genève”. Journal.tdg.ch (2010年4月21日). 2013年10月22日閲覧。
  50. ^ Prada despede funcionários velhos, gordos e feios - Mundo - Correio da Manhã”. Cmjornal.xl.pt. 2013年10月22日閲覧。
  51. ^ Lai See | South China Morning Post”. Scmp.com (2013年9月26日). 2013年10月22日閲覧。
  52. ^ Prada ruling 'preposterous' says former employee”. Dailytelegraph.com.au. 2013年10月22日閲覧。
  53. ^ Prada denies it wanted 'fat' managers sacked in Japan”. Dailytelegraph.com.au. 2013年10月22日閲覧。
  54. ^ Ex-gerente da Prada processa grife italiana por ser discriminada pela aparência no Japão - Jornal O Globo”. Oglobo.globo.com. 2013年10月22日閲覧。
  55. ^ Manager: Prada Japan targeted ugly workers”. UPI.com (2010年3月12日). 2013年10月22日閲覧。
  56. ^ Osaki, Tomohiro (2013年5月2日). “60,000 sign petition in one week for fired Prada employee”. The Japan Times. 2013年10月22日閲覧。