リトル・ジョー5B号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リトル・ジョー5B号
Little Joe 5B liftoff.jpg
ワロップス島から発射される瞬間のリトル・ジョー5B号
任務種別 緊急脱出用ロケット試験
運用者 NASA
任務期間 5分25秒
飛行距離 14キロメートル
遠地点 4.5キロメートル
特性
宇宙機 マーキュリー宇宙船14号機
製造者 マクドネル・エアクラフト
打ち上げ時重量 1,141キログラム
任務開始
打ち上げ日 1961年4月28日 14:03UTC
ロケット リトル・ジョー
打上げ場所 ワロップス飛行施設 第四発射地域
任務終了
着陸日 1961年4月28日 14:08UTC

Mercury insignia.png

マーキュリー計画
緊急脱出用ロケット試験

リトル・ジョー5B号(リトル・ジョー5Bごう、: Little Joe 5B)はアメリカ合衆国のマーキュリー計画の一環として行われた、マーキュリー宇宙船用緊急脱出用ロケットの無人の発射試験である。試験ではマーキュリー宇宙船の実機である14A号機が使用された。1961年4月28日、バージニア州ワロップス島から発射され、最大高度4.5キロメートル、飛行距離14キロメートル、最大速度は時速2,865キロメートルに到達し、加速度は10g (98m/s²) だった。試験は5分25秒で成功裏に終了し、宇宙船は回収された[1]

飛行で使用されたマーキュリー宇宙船14A号機は、現在はハンプトンのバージニア航空宇宙センター (Virginia Air and Space Center) に展示されている。

脚注[編集]

  1. ^ This New Ocean: A History of Project Mercury - NASA SP-4201”. NASA Special Publication-4201 in the NASA History Series. p. 9 (1966年). 2009年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月26日閲覧。

参考文献[編集]

 この記事にはアメリカ航空宇宙局が作成したアメリカ合衆国政府の著作物であるウェブサイトもしくは文書本文を含む。

関連項目[編集]