リトルダイオミード島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リトルダイオミード島
現地名:イヌピアック語 Iŋaliq
The Diomede Islands in the BeringSea (picture from space).jpg
ダイオミード諸島の衛星写真。右側の小さな島がリトルダイオミード島で両島の間に国境線がある。
リトルダイオミード島の位置(アラスカ州内)
リトルダイオミード島
地理
場所 ベーリング海
座標 北緯65度45分15秒 西経168度55分15秒 / 北緯65.75417度 西経168.92083度 / 65.75417; -168.92083座標: 北緯65度45分15秒 西経168度55分15秒 / 北緯65.75417度 西経168.92083度 / 65.75417; -168.92083
面積 2.8 sq mi (7.3 km2)
最高標高 494 m (1,621 ft)
行政
人口統計
人口 110[1](2010年時点)
人口密度 48 /sq mi (18.5 /km2)
民族 96% Iŋaliq Iñupiaq Eskimo[2]
追加情報
See Also: City of Diomede
ベーリング海峡の衛星写真。海峡の幅は写真左のチュクチ半島デジニョフ岬と右のスワード半島プリンスオブウェールズ岬を結ぶ直線距離およそ82kmの場所が最も狭い。その線のおよそ中間点付近にダイオミード諸島がある。
ダイオミード村落
ダイオミード村落遠景

リトルダイオミード島イヌピアック語: Iŋaliq)は、アメリカ合衆国アラスカ州に属する島である。以前はクルーゼンシュテルン島と呼ばれていた。

大小2島からなるダイオミード諸島のうちの小さな島であり、ロシア連邦極東ロシア本土とアラスカ本土の間に位置するベーリング海峡の間に位置している。

約3.75キロメートル (2.33マイル) 西の先にはロシア連邦領ラトマノフ島(英語名:ビッグダイオミード島)があり、その間にはロシア連邦とアメリカ合衆国との国境線と国際日付変更線が走っている。隣の、より広いラトマノフ島とは異なり、リトルダイオメード島には先住民が住み続けている。

2010年の国勢調査によると、リトルダイオミード島には110人の人口があり、ピーク時1990年の178人よりも人口減少傾向にある[3]。この島全土がダイオミード市に属する(イヌピアック語で「Iŋaliq」は「もう一つのもの」、「向こうのもの」を意味する)。島は非自治郡に属するので、一部の住民サービスはアラスカ州が直接提供している。国勢調査では、ノーム国勢統計区英語版に位置づけられる。冷戦中、ラトマノフ島とリトルダイオミード島の間にある、アメリカとソ連の間の国境の領域は、「氷のカーテン」として知られるようになった。しかし、1987年、リン・コックス英語版は、リトルダイオミード島から、ラトマノフ島まで泳ぎ、ミハイル・ゴルバチョフロナルド・レーガンから共同で祝福された。

コメディアンマイケル・ペイリンが環太平洋諸国を横断するBBCのドキュメンタリーシリーズ、マイケル・ペイリンの太平洋一周英語版の最初のエピソードで、この島は取材された。

地理[編集]

アメリカ国勢調査局によると、島の総面積は2.8平方マイル (7.3km²)、島の西岸にダイオミード村落(イヌピアック語 Iŋaliq)がある。

島はアラスカ本土より25キロメートル西方のベーリング海峡の中に位置し、島の西方僅か0.6キロメートル先には国際日付変更線が走り、3.9キロメートル先にはロシア共和国領のビッグダイオミード島がある。島の最高地点は海抜494メートルであり、島の西岸の途中、集落から約2.5キロメートルに位置し、ラトマノフ島の先端を臨む。島にはダイオミード・ヘリポートがあり、定期運航が行われている。

冬季は医療品や重要物資を届けるブッシュ・プレーン英語版(未開地用汎用飛行機)着陸のため島民は厚い氷床を削って滑走路を作っている。その滑走路はその年の氷床の状態によって毎年その位置が変更されている。

気候[編集]

夏季の平均気温は4〜10℃ (40〜50℉)

冬季の平均気温は-12〜-14℃ (10〜6℉)

年間の平均降水量は250㎜

年間の平均降雪量は76cm

夏季の数か月は曇天と霧に覆われる。平均15ノット(約8m/s)の北からの卓越風が吹いており、最大瞬間風速は27〜36m/sにも達する。

ベーリング海峡は12月中旬から7月中旬まで海氷に覆われる

地質[編集]

島の地質は、主に白亜紀花崗岩石英モンゾニ岩で構成されている[4][5]

村落がある場所は、海岸まで続く切り立った断崖を持っていない唯一の地域であり、村落の背後を含む島全体がおよそ斜度40度を超える岩の斜面に囲まれているが、島の上部は海抜350〜363mあり比較的平坦である。

島の植生は極めて貧弱である。

脚注[編集]

  1. ^ Local Economic Development Plan for Diomede 2012-2017, citing 2010 U.S. census (and this was a decline since the 2000 census)
  2. ^ Local Economic Development Plan for Diomede 2012-2017, citing 2010 U.S. census
  3. ^ Local Economic Development Plan for Diomede 2012-2017, citing 1990 U.S. census
  4. ^ Till, A. B., et. al., Bedrock Geologic Map of the Seward Peninsula, Alaska, and Accompanying Conodont Data, Pamphlet to accompany Scientific Investigations Map 3131, USGS
  5. ^ Gualtieri, Lyn and Julie Brigham-Grette, The Age and Origin of the Little Diomede Island Upland Surface, Arctic, Vol. 54, No. 1 (March 2001) pp. 12–21

外部リンク[編集]