リトアニア自由連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リトアニア自由連盟
Lietuvos laisvės lyga
略称 LLL
創立 1978年6月14日
解散 2001年10月20日
後継政党 リトアニア右派連合
本部所在地 ヴィリニュス
リトアニアの政治
リトアニアの政党一覧
リトアニアの選挙

リトアニア自由連盟リトアニア語: Lietuvos laisvės lyga、略称: LLL)は、1978年から2001年まで存在したリトアニアの政治運動組織。後にリトアニアの政党として登録された。

歴史[編集]

LLLは、ソ連時代の1978年6月14日、リトアニアの独立回復を目指す地下組織として設立された。指導者はアンタナス・テルレツカス[1]。そのほか、ロマルダス・ユオザス・ラガイシス[1]ニヨレ・サドゥーナイテ[1]ペトラス・ツィジカス[1]アルギルダス・スタトケヴィチュスヨナス・ゲラジュスアルーナス・トルカナスらもこれに加わっていた。

行動的な政治運動と知られた[1]LLLは当初地下活動を行い、地下新聞『ライスヴェス・シャウクリース』および雑誌『ヴィーティス』を発行した[1]。1980年代後半になると公然と活動を行うことができるようになった[2]。原則に忠実な主張を展開し、妥協を拒んだために、当初は影響力はあまりなかった[2]。さらに、主張があまりに過激であるとして危険視されていた[2]。しかし、その後はLLLの主張は最終的にサーユーディスにも採用された[2]

1988年9月28日、LLLはデモを企画したが、リトアニア共産党指導部が強制解散を命じた[3]

リトアニアは1990年3月11日に独立回復を宣言した。その後、LLLは1995年11月8日に政党として登録された。

政党登録前の1992年の国会議員選挙でLLLは単独で出馬したが、議席を獲得することはできなかった[4]

1996年の国会議員選挙でも単独で出馬したが、やはり議席を獲得することはできなかった[5]

2000年の国会議員選挙ではリトアニア民族主義連合 (LTS) と選挙連合を組んだが、議席を獲得することはできなかった[6][7]

2001年10月20日独立党 (NP) 、リトアニア民主党 (LDP) 、祖国人民党 (TLP) と合併し、リトアニア右派連合 (LDS) となった[6]。なお、右派連合は2003年祖国同盟 (TS-LK) に吸収された[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]