リップスティック (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リップスティック
Lipstick
監督 ラモント・ジョンソン
脚本 デヴィッド・レイフィール
製作 フレディ・フィールズ
出演者 マーゴ・ヘミングウェイ
マリエル・ヘミングウェイ
クリス・サランドン
音楽 ミッシェル・ポルナレフ
撮影 ビル・バトラー
配給 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年4月2日
日本の旗 1976年9月11日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

リップスティック』(原題:Lipstick)は、1976年アメリカ映画。アメリカで社会問題化しているレイプをテーマに、抑圧された現代社会に潜む暴力を描く。

アーネスト・ヘミングウェイの孫で女優のマーゴ・ヘミングウェイマリエル・ヘミングウェイが姉妹共演。マリエルのデビュー作品である。

あらすじ[編集]

トップモデルのクリスは妹のキャシーから、彼女の音楽教師ゴードンを紹介される。

後日、クリスの部屋を訪れたゴードンは突如豹変、彼女に赤い口紅を塗りたくったうえでレイプした。

クリスはゴードンを告訴するが、彼の巧み且つ不当な戦術によって無罪となる。

ゴードンはその後キャシーをもレイプ、怒りが頂点に達したクリスは銃をとり、ゴードンを射殺するのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
日本テレビ テレビ東京
クリス マーゴ・ヘミングウェイ 高橋ひろ子 佐々木優子
ゴードン クリス・サランドン 池田秀一 堀内賢雄
キャシー マリエル・ヘミングウェイ
マーティン ジョン・ベネット・ペリー
スティーヴ ペリー・キング
カーラ検事 アン・バンクロフト 谷育子

関連項目[編集]

外部リンク[編集]