リットンファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リットンファミリーは、お笑いコンビ・リットン調査団が率いている吉本興業内のグループ。

概要[編集]

ファミリーの全貌は明らかになっていないが、2003年6月19日朝日放送で放送された「ナンバ壱番館」の「リットン・ファミリー特集」においてバッファロー吾郎ケンドーコバヤシ笑い飯千鳥友近山里亮太南海キャンディーズ)、レイザーラモンネゴシックスなだぎ武ザ・プラン9)、土肥ポン太野性爆弾天津ルチャダテリブレべっぴん山中山功太の存在が確認されている。

リットンファミリーの特徴として、ファミリーに属する芸人の多くがマニアックネタやプロレスネタ、下ネタなど、あまり一般には評価されない芸を得意にしていることが挙げられる。これについて、2005年2月19日に放送された「めちゃ²イケてるッ!」のコーナー「笑わず嫌い王決定戦」にバッファロー吾郎が登場した際、岡村隆史ナインティナイン)が「男子(男性ではない)ウケする芸風」と形容した。それ以外にも友近やネゴシックス、南海キャンディーズなど独特のセンスを持つ芸人が多いため、流行に左右されない独自路線を進むマニアックな芸人をファミリーの如何に関わらず、「リットンファミリー(のようだ)」と呼ぶこともある。

その特異性ゆえに「売れない落ちこぼれの集まり」と認識されていたリットンファミリーだが、M-1グランプリにおいて笑い飯や千鳥、南海キャンディーズが決勝に残ったことから注目されるようになった。近年は友近、ネゴシックス、レイザーラモンの活躍によって関西のお笑い界では一大勢力になりつつある。

2005年10月24日テレビ朝日で放送された「アメトーク!」ではバッファロー吾郎を中心とした「バッファロー・ファミリー」として、ケンドーコバヤシ、笑い飯、南海キャンディーズ、レイザーラモンが登場したが、これはリットンファミリーの内部組織といえる[要出典]