リッチー・メプラナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リッチー・メプラナム
基本情報
本名 リッチー・メプラナム
通称 Magnum
階級 バンタム級
身長 165cm
リーチ 168cm
国籍 フィリピンの旗 フィリピン
誕生日 (1987-05-05) 1987年5月5日(29歳)
出身地 サランガニ州マアシム
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 37
勝ち 31
KO勝ち 8
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

リッチー・メプラナムRichie Mepranum1987年5月5日 - )は、フィリピンプロボクサーサランガニ州マアシム出身。

来歴[編集]

2010年3月12日、エルナン・マルケステキサス州タラント郡グレープバインで対戦し、10回3-0(91-99、94-96、92-98)の判定勝ちを収めた。なおこの試合でマルケスは初黒星を喫した[1]

2012年3月24日、シウダ・オブレゴンのセントロ・デ・ウソス・ムルティプレスでエルナン・マルケスとスーパーフライ級契約10回戦で試合を行い[2]、2回、8回にそれぞれダウンを奪われ10回0-3(93-96、93-97、92-98)の判定負けを喫し2年前の屈辱を晴らされた[3]

2014年4月26日、プエルトペニャスコでWBA・WBO世界フライ級スーパー王者ファン・フランシスコ・エストラーダと対戦するが、9回終了TKO負けを喫し念願の王座獲得に失敗した[4]

2016年4月23日、ロスモチスのセントロ・デ・ウソス・ムルティプレスでWBC世界スーパーフライ級王者カルロス・クアドラスと対戦し、メプラナムの8回終了時棄権により王座獲得に失敗した[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ ピーター豪快KO ナプラナム快勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年3月14日
  2. ^ マルケスは当初ロデル・マヨールと3度目防衛戦を行うはずだったが、マルケスの計量方法を巡りトラブルになり、試合がキャンセルになったのを受けて急遽試合を入れることになった。
  3. ^ タイソン・マルケス無冠戦で“代役”に勝つ ボクシングニュース「Box-on!」 2012年3月25日
  4. ^ エストラーダ、曲者メプラナムをストップ Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月27日
  5. ^ Cuadras to defend WBC super flyweight beltfightnews.com 2016年3月11日
  6. ^ クアドラスがV6、メプラナムに8回終了TKO勝ちBoxing News(ボクシングニュース) 2016年4月24日

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]