リック・ジェームス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リック・ジェームス(Rick James, 1948年2月1日 - 2004年8月6日)は、アメリカ合衆国のファンクミュージシャン、ベーシスト、作曲家、音楽プロデューサー。プリンスやロジャーとともに、1980年代のソウル、ファンク・シーンを牽引した。

本名はジェームス・アンブローズ・ジョンソン・ジュニア(James Ambrose Johnson, Jr)である。

バイオグラフィ[編集]

ニューヨーク州バッファローのスラム街で私生児として生まれる。15歳で海兵隊に入隊したもののわずか3日で脱走してカナダに逃亡する。ゲットーを彷徨した後、カナダでニール・ヤングがメンバーだったマイナー・バーズに在籍。だが、20代の間は、ついに成功をつかめなかった。1978年になり、やっとモータウンから「ユー・アンド・アイ」のヒット曲を発表する。さらに80年代になると、ファンククラシックの一つ"Super Freak"(M.C.ハマーの"U Can't Touch This"のサンプル元となる)を含むアルバムStreet Songsを1981年にリリース。一挙にスターダムに駆け上る。同時にプロデュース業でも才覚を見せ、ティーナ・マリーメリー・ジェーン・ガールズ、ヴァル・ヤング、プロセス&ドゥー・ラグズ等のアーティストを育て上げた。さらに俳優のエディ・マーフィーに「パーティー・オール・ザ・タイム」のヒット曲を提供した。

私生活[編集]

1980年代からラジオDJにマリファナを配るなど、破天荒な行動ぶりが伝えられていたが、1990年代に入るとさらにスキャンダル沙汰が頻発する。並はずれたドラッグの乱用(彼が薬物中毒であることは公に知られており、1993年には週7000ドル分ものドラッグを5年間にわたり使用し続けたことを認めた)、ドラッグをしながら女性に監禁プレーをした罪状で1996年まで刑務所に収監され民事訴訟で200万ドルもの支払いを命じられる、1997年にはツアー中に脳卒中に見舞われる、1998年には別の女性から性的暴行で訴えられる(後に告訴は取り下げられる)など苦難の道が続く。

2000年代には再評価の気運が高まるが、2004年8月6日、ロサンゼルスの自宅で呼吸不全による心不全により死亡しているのが見つかる。糖尿病を始めとする様々な病気に罹患して健康状態も極度に悪化していたようであり、血中からはコカインや睡眠薬等9種類もの薬物が検出された。享年56歳。遺体はバッファローのフォレストローン墓地に葬られた。

評価[編集]

彼のプライベート生活は、ドラッグやSEXに明け暮れ、警察の世話にもなった。だが、それらの生活を一部反映させた曲を、音楽芸術に昇華させることでファンクミュージシャンの成功者となった一人である。

ディスコグラフィ[編集]

楽曲提供[編集]

  • I'm A Sucker of Your Love - ティーナ・マリー(1979)
  • de ja vu - Teena Marie(1979)
  • In My House - メリージェーン・ガールズ(1985)
  • Party All The Time - エディ・マーフィー(1985)

出典[編集]

Wikipedia books|Rick James

外部リンク[編集]