リチャード・J・サミュエルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リチャード・J・サミュエルズ(Richard J. Samuels、1951年11月2日 - )は、アメリカ合衆国政治学者マサチューセッツ工科大学政治学部教授。専門は、日本の政治経済、安全保障政策。

1973年コルゲート大学政治学科卒業、1974年タフツ大学政治学部大学院修士課程修了、1980年マサチューセッツ工科大学政治学部大学院博士課程修了、Ph.D.(政治学)。マサチューセッツ工科大学助教授(1980-84年)、准教授(1984-90年)を経て、現職。

1992年から1995年まで同大学政治学部長を務めた、2001年から2008年まで日米友好基金理事長。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Politics of Regional Policy in Japan: Localities Incorporated?, (Princeton University Press, 1983).
  • The Business of the Japanese State: Energy Markets in Comparative and Historical Perspective, (Cornell University Press, 1987).
廣松毅監訳『日本における国家と企業――エネルギー産業の歴史と国際比較』(多賀出版, 1999年)
  • "Rich Nation, Strong Army": National Security and the Technological Transformation of Japan, (Cornell University Press, 1994).
1996年 ジョン・ホイットニー・ホール・ブック賞受賞
奥田章順訳『富国強兵の遺産――技術戦略にみる日本の総合安全保障』(三田出版会, 1997年)
  • Machiavelli's Children: Leaders and their Legacies in Italy and Japan, (Cornell University Press, 2003).
鶴田知佳子村田久美子訳『マキァヴェッリの子どもたち――日伊の政治指導者は何を成し遂げ、何を残したか』(東洋経済新報社, 2007年)
  • Securing Japan: Tokyo's Grand Strategy and the Future of East Asia, (Cornell University Press, 2007).
白石隆監訳『日本防衛の大戦略――富国強兵からゴルディロックス・コンセンサスまで』(日本経済新聞出版社, 2009年)
  • 3.11: Disaster and Change in Japan, (Cornell University Press, 2013).

編著[編集]

  • Encyclopedia of United States National Security, (Sage, 2006).

共編著[編集]

  • Crisis and Innovation in Asian Technology, co-edited with William W. Keller, (Cambridge University Press, 2003).