リチャード・モーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リチャード・モーガン
Richard Kingsley Morgan
Richard Morgan 270408.jpg
リチャード・モーガン、2008年ザグレブにて
誕生 (1965-09-24) 1965年9月24日(52歳)
イギリスの旗 イギリスロンドン
職業 小説家SF作家
国籍 イギリスの旗 イギリス
ジャンル SFファンタジーディストピアハードボイルド
代表作 『オルタード・カーボン』、Black Man
主な受賞歴 アーサー・C・クラーク賞フィリップ・K・ディック賞
デビュー作 『オルタード・カーボン』
公式サイト www.RichardKMorgan.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

リチャード・モーガンRichard Kingsley Morgan(1965-09-24) 1965年9月24日[1] - )はイギリス小説家SF作家。タケシ・コヴァッチを主人公とするシリーズの『オルタード・カーボン』『ブロークン・エンジェル』の二作が翻訳されている。現在はスペイン人の妻と共にグラスゴーに住み[1]、エピック・ファンタジー三部作A Land Fit For Heroesシリーズを執筆中。

略歴[編集]

ケンブリッジ大学クイーンズ・カレッジにて歴史学を学び、卒業後14年間英語講師として働きながら世界各地を旅して回る。

ストラスクライド大学英語教育部講師を務めていたが、2002年処女作『オルタード・カーボン』を出版し、以後専業作家となる。サイバーパンクアンチヒーロータケシ・コヴァッチを主人公とするハードボイルド推理小説の要素を融合させたこの作品は、映画プロデューサージョエル・シルバーによりその映画化権を100万ドルで購入された。

作風[編集]

モーガンの作品に共通するテーマとして、ディストピアであり、総じてその作品には「社会は常にマジョリティによる搾取と抑圧ための構造であり、エリートに左右される政治的な力、公式または非公式の暴力、意図された無知と蒙昧によるシステムにより維持されている」という思想がある[2]

2007年に刊行されたBlack Manは、身体的束縛と、自身が何者であるか束縛を受け、さらにはそのことについて何も出来ることがないという事実についての本であり、これはコヴァッチ・シリーズでは死は回避可能なことであったため、扱うことが出来なかったテーマであるという[3]

作品リスト[編集]

《タケシ・コヴァッチ》シリーズ[編集]

  • オルタード・カーボン (Altered Carbon, 2002) - 2004年フィリップ・K・ディック賞受賞
  • ブロークン・エンジェル (Broken Angels, 2003)
  • ウォークン・フュアリーズ (Woken Furies, 2005) - シリーズ最終巻[4]

A Land Fit For Heroes[編集]

  • The Steel Remains (2008)
  • The Dark Commands (2010年予定)

他長編[編集]

グラフィックノベル[編集]

ビデオゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Morgan, Richard 『オルタード・カーボン』2、田口俊樹訳、アスペクト、2005年4月5日(日本語)。ISBN 978-4757211292
  2. ^ Bullock, Saxon (2002年). “An Interview with Richard Morgan, author of the acclaimed hard-boiled future crime thriller "Altered Carbon."” (en). SaxonBullock.Com. 2009年5月20日閲覧。
  3. ^ Morgan, Richard (2007年8月16日) (Podcast). インタビュアー:Moira Gunn. IT Conversations.. サンフランシスコ. http://itc.conversationsnetwork.org/shows/detail1899.html+2009年5月20日閲覧。 
  4. ^ Morgan, Richard (2005年8月16日). Interview with Richard Morgan. インタビュアー:Mike Collins. Your Mom's Basement... http://www.yourmomsbasement.com/archives/2005/08/interview_with_2.html 2009年5月20日閲覧。 
  5. ^ アメリカでは国情を考慮しThirteenのタイトルで刊行された

外部リンク[編集]

インタビュー[編集]