リチャード・マイニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リチャード・マイニア
人物情報
全名 Richard H. Minear
生誕 1938年????
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 ハーバード大学[1]
学問
研究分野 日本近代史
研究機関 マサチューセッツ大学アマースト校[1]
学位 Doctor of Philosophy[1]
称号 マサチューセッツ大学アマースト校名誉教授[1]
テンプレートを表示

リチャード・H・マイニア英語: Richard H. Minear1938年 - )は、アメリカ合衆国歴史学者日本学者である。

日本では邦訳書の表記でマイニアとなっているが、読みはミーニアが正しい。

著作[編集]

  • 『西洋法思想の継受 : 穂積八束思想史的考察』佐藤幸治長尾龍一田中成明 訳、東京大学出版会、1971年。原著1970年[1]
  • 『勝者の裁き : 戦争裁判戦争責任とは何か』安藤仁介 訳、福村出版、1972年。新装版1985年、1998年。原著1971年[1]
  • Minear, Richard H., Theodor Seuss Geisel, and Art Spiegelman. Dr. Seuss Goes to War: The World War II Editorial Cartoons of Theodor Seuss Geisel.ドクター・スース、戦争に行く英語版) New York: New Press, 1999, 1-56584-704-0
  • Minear, Richard H. Requiem for Battleship Yamato(University of Washington Press, 1985) ISBN 0-295-96216-X
    吉田満戦艦大和ノ最期』英訳版[2]。日本版:講談社、1985年。ISBN 4770012292

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f Richard Minear Professor Emeritus” (英語). マサチューセッツ大学アマースト校. 2020年5月7日閲覧。
  2. ^ 日本学者として、江藤淳の友人でもあった。