リチャード・バック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リチャード・バック(Richard Bach、1936年6月23日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州生まれの飛行家作家飛行機に関するルポルタージュ風の作品を書いていたが、1970年に『かもめのジョナサン』を発表した。当初はほとんど評判にならなかったが、1972年に突如ベストセラーのトップに躍り出た。各国語に翻訳され、日本でもロングセラーとなっている。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハの子孫と言われている[1]

2012年8月31日、自家用の飛行機でワシントン州サンフアン島英語版を飛行中、電線に引っかかって飛行機が大破し、重傷を負った[2]

作品[編集]

  • かもめのジョナサン
  • 『王様の空』中田耕治訳 三笠書房 1974
  • 『飛べ、銀色の空へ』稲葉明雄訳 草思社 1974
  • 『ぼくの複葉機』小鷹信光訳 早川書房 1974
  • 『翼の贈物』新庄哲夫訳 新潮社 1975
  • 『イリュージョン 退屈してる救世主の冒険』村上龍訳 集英社 1977 のち文庫 
    • 『イリュージョン 悩める救世主の不思議な体験』佐宗鈴夫訳 集英社 2006 のち文庫
  • 『夜と嵐をついて』大原寿人訳 筑摩書房 1978
  • 『飛べ、光のなかを飛べ、永遠のときを』沼田篤良訳 評論社 1986
  • 『One』平尾圭吾訳 ティビーエス・ブリタニカ 1990 のち集英社文庫 
  • 『翼にのったソウルメイト』飯田昌夫訳 マガジンハウス 1993
  • 『僕たちの冒険』北代晋一訳 ティビーエス・ブリタニカ 1997
  • フェレット物語 (「フェレットの冒険」(2巻まで)より改題)法村里絵訳 
    • フェレット物語1 海の救助隊 (2008年) 新潮社、のち文庫
    • フェレット物語2 嵐のなかのパイロット (2008年) 新潮社、のち文庫 
    • フェレット物語3 二匹は人気作家 (2009年) 新潮文庫
    • フェレット物語4 大女優の恋 (2009年) 新潮文庫
    • フェレット物語5 名探偵の大発見 (2009年) 新潮文庫
  • 『ヒプノタイジング・マリア』 和田穹男監修、 天野惠梨香訳、めるくまーる 2013

脚注[編集]

  1. ^ 小鷹信光『翻訳という仕事』p.133(ジャパンタイムズ1991年
  2. ^ Jonathan Livingston Seagull author Richard Bach crashes plane BBC News 2012年9月2日閲覧