リチャード・デービス (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リチャード・デービス
Richard Davis
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロングビーチ
生年月日 (1953-09-25) 1953年9月25日(69歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1972年
初出場 MLB / 1977年7月12日
NPB / 1984年6月6日
最終出場 MLB / 1982年10月1日
NPB / 1988年6月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

リチャード・アール・デービスRichard Earl Davis, 1953年9月25日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手内野手外野手)。右投右打。アメリカ球界での登録名ディック・デービス(Dick Davis)。

経歴[編集]

1972年ミルウォーキー・ブルワーズと契約。1977年7月12日にメジャーデビューし、1979年には12本塁打を放った。その後、フィラデルフィア・フィリーズトロント・ブルージェイズピッツバーグ・パイレーツと渡り歩いた。

1984年、シーズン途中に近鉄バファローズに入団し来日。同年シーズン当初、近鉄には大物メジャーリーガーとして鳴り物入りで入団したドン・マネーがいたが、そのマネーは球団側の対応・待遇のまずさと家族のホームシックが原因でシーズン途中の5月7日に退団・帰国した。この事態に近鉄が急遽獲得したのがマーク・コーリーとデービスの2人であった。デービスも78試合で18本塁打を放って4番打者に定着してからは陽気な性格で人気を集め、チームに馴染むのに時間はかからず、チームの大ベテランでもある栗橋茂と同じく兄貴分的存在になっていた。

1985年、8月2日の対南海ホークス戦(大阪スタヂアム)から8月8日の対西武ライオンズ戦(西武球場)にかけて、パ・リーグタイ記録、史上4人目の6試合連続本塁打を放っている[1]三冠王落合博満ロッテ)の影に隠れたものの打率.343、40本塁打、109打点と落合がいなければデービスも三冠王を獲得するほどの活躍を見せ、前年の三冠王ブーマー・ウェルズ阪急)を抑えて一塁手の部門でベストナインに選出された。

1988年、デービスは6月7日に厚生省近畿地区麻薬取締官事務所神戸分室に大麻取締法違反(不法所持)の疑いで逮捕された[2]。自宅に大麻と吸引用パイプが見つかり、栽培はしていなかったが尿検査でも大麻の成分が検出され、調べに対してデービスは「友人から傷薬として貰ったもので大麻とは知らなかった」と頑なに否定したが、球団は6月8日に容疑事実が明らかになり次第、デービスの解雇する方針を固めた[3]。なお、デービス自身は復帰するつもりだったようであり、デービスの通訳担当でもある藤田義隆神戸水上警察署に面会に行くと、そこでも腹筋腕立ては欠かしていない旨を述べていた[4]。そして6月27日近鉄は午前、デービスとの契約解除を発表し、午後には神戸地検が「首謀的立場でなく球団から契約解除などの社会的制裁を受けている」として起訴猶予処分で釈放され、デービスは夕方に伊丹空港からアメリカへ帰国した[5]

この事件により、主砲のデービスを失った近鉄が急遽獲得したのが当時、外国人枠の関係で中日ドラゴンズ二軍でくすぶっていたラルフ・ブライアントであった[6]

東尾修との乱闘騒ぎ[編集]

1986年6月13日の対西武戦、デービスは西武の東尾修から死球を受けたことに激昂してマウンドに走り寄り、東尾を殴打したことから両軍入り乱れての大乱闘に発展した。デービスは暴力行為で退場処分を受け[7]、16日にパ・リーグより10日間の出場停止と制裁金10万円の処分を受けた[8]。当時、チームメイトの金村義明によると、デービスは直前の東尾の鈴木貴久への頭部付近投球でエキサイトしていたという[9]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1977 MIL 22 54 51 7 14 2 0 0 16 6 0 0 0 2 1 0 0 8 1 .275 .278 .314 .592
1978 69 235 218 28 54 10 1 5 81 26 2 5 4 4 7 0 2 23 5 .248 .273 .372 .644
1979 91 353 335 51 89 13 1 12 140 41 3 3 1 1 16 0 0 46 10 .266 .298 .418 .716
1980 106 381 365 50 99 26 2 4 141 30 5 3 0 2 11 0 3 43 8 .271 .297 .386 .683
1981 PHI 45 106 96 12 32 6 1 2 46 19 1 2 0 1 8 0 1 13 1 .333 .387 .479 .866
1982 28 71 68 5 19 3 1 2 30 7 1 0 0 1 2 0 0 9 4 .279 .296 .441 .737
TOR 3 8 7 0 2 0 0 0 2 2 0 0 0 1 0 0 0 1 1 .286 .250 .286 .536
PIT 39 86 77 7 14 2 1 2 24 10 1 0 1 3 5 0 0 9 1 .182 .224 .312 .535
'82計 70 165 152 12 35 5 2 4 56 19 2 0 1 5 7 0 0 19 6 .230 .256 .368 .625
1984 近鉄 78 315 287 42 89 16 0 18 159 45 0 3 0 4 24 0 0 28 12 .310 .359 .554 .913
1985 128 534 472 88 162 22 0 40 304 109 1 2 0 3 55 5 4 52 12 .343 .414 .644 1.058
1986 122 512 451 83 152 25 0 36 285 97 3 2 0 3 53 16 5 57 14 .337 .410 .632 1.042
1987 91 385 341 44 115 15 0 16 178 49 2 1 0 2 40 7 2 39 12 .337 .408 .522 .930
1988 42 169 152 16 46 6 0 7 73 22 2 2 0 4 13 1 0 19 7 .303 .349 .480 .829
MLB:6年 403 1294 1217 160 323 62 7 27 480 141 13 13 6 15 50 0 6 152 31 .265 .294 .394 .689
NPB:5年 461 1915 1703 273 564 84 0 117 999 322 8 10 0 16 185 29 11 195 57 .331 .397 .587 .983

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB初記録
NPBその他の記録

背番号[編集]

  • 26 (1977年 - 1982年途中)
  • 35 (1982年途中)
  • 28 (1982年途中 - 同年終了)
  • 15 (1984年 - 1988年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 読売新聞1985年8月9日17面「近鉄のデービスが6試合連続本塁打」読売新聞縮刷版1985年8月p307
  2. ^ 毎日新聞1988年6月7日夕刊「デービス(近鉄)大麻で逮捕 プロ野球 『永久失格』の可能性」毎日新聞縮刷版1988年6月p275
  3. ^ 毎日新聞1988年6月9日23面「近鉄がデービス早期解雇の方針」毎日新聞縮刷版1988年6月p333
  4. ^ 金村義明. “【球界レジェンド】金村義明が選ぶエグいほどスゴかった野手とは?”. 現代ビジネス. 講談社. p. 2. 2021年11月12日閲覧。
  5. ^ 毎日新聞1988年6月28日23面「デービス帰国」毎日新聞縮刷版1988年6月p1051
  6. ^ 【6月8日】1988年(昭63) 逮捕翌日解雇決定 近鉄・デービス前代未聞の大麻所持スポーツニッポン2010年6月12日配信
  7. ^ リチャード・デービス 猛牛の優良、そして“最凶”スラッガー/プロ野球1980年代の名選手
  8. ^ デービス激怒!死球受け東尾に右ストレート 与死球王は意地の完投勝利
  9. ^ 金村義明 プロ野球人情派web Sportiva 2010年6月28日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]