リチャード・キーオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リチャード・キーオ Football pictogram.svg
名前
本名 リチャード・ジョン・キーオ
Richard John Keogh
ラテン文字 Richard Keogh
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1986-08-11) 1986年8月11日(31歳)
出身地 ハーロウ
身長 188cm
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ダービー・カウンティFC
ポジション DF
背番号 6
ユース
イングランドの旗 イプスウィッチ・タウン
2003-2004 イングランドの旗 ストーク・シティ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2005 イングランドの旗 ストーク・シティ 0 (0)
2004 アイスランドの旗 ヴァイキングル (loan) 9 (0)
2005-2008 イングランドの旗 ブリストル・シティ 40 (3)
2005 イングランドの旗 ウィコム (loan) 3 (0)
2007 イングランドの旗 ハダースフィールド (loan) 9 (1)
2007-2008 イングランドの旗 カーライル (loan) 7 (0)
2005-2008 イングランドの旗 チェルトナム (loan) 10 (0)
2008-2010 イングランドの旗 カーライル 73 (4)
2010-2012 イングランドの旗 コヴェントリー・シティ 91 (1)
2012- イングランドの旗 ダービー・カウンティ 185 (6)
代表歴2
2005 アイルランドの旗 アイルランド U-19 6 (0)
2006-2007 アイルランドの旗 アイルランド U-21 11 (0)
2013- アイルランドの旗 アイルランド 15 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年2月10日現在。
2. 2016年6月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リチャード・ジョン・キーオRichard John Keogh1986年8月11日 - )は、イギリスハーロウ出身のプロサッカー選手アイルランド代表フットボールリーグ・チャンピオンシップダービー・カウンティFC所属。ポジションは、ディフェンダー

経歴[編集]

イプスウィッチ・タウンFCの下部組織でキャリアをスタートさせ、2003年にストーク・シティFCの下部組織に移籍した。2004年、レンタル先のヴィキングル・レイキャヴィークでプロデビュー。

2005年、ブリストル・シティFCにフリーで加入。しかし出場機会が得られず、シーズン途中にウィコム・ワンダラーズFCにレンタル移籍。復帰後の2006年4月に初ゴールを挙げたが、出場機会は相変わらず散発的だった。2006-07シーズンになると状況が一変し、公式戦43試合で4ゴールを挙げる活躍を見せた。しかし翌シーズンは再び主力の座を追われ、ハダースフィールド・タウンFCカーライル・ユナイテッドFCチェルトナム・タウンFCにレンタルされた。シーズン終了後、カーライル・ユナイテッドに移籍。

カーライルでは主力として活躍し2シーズンで公式戦95試合出場・6ゴールを記録した。2009–10シーズンはクラブの最優秀選手に選ばれた。シーズン終了後、コヴェントリー・シティFCにフリーで加入。

コヴェントリーでも同様にレビュラーを務め公式戦95試合で1ゴールを挙げた。2011–12シーズン、チームはチャンピオンシップから降格してしまうがキーオはクラブノ最優秀選手に選ばれた[1]

シーズン終了後、ダービー・カウンティFCに100万ユーロで移籍。ダービーでは現在までに公式戦200試合以上に出場、2012–13シーズンと2015–16シーズンにはクラブ最優秀選手に選ばれた[2]。また2014-15シーズンはPFA年間ベストイレブンにも選出されている。

代表歴[編集]

U-19世代から代表に選ばれている。U-21代表ではキャプテンを務めた[3]

2013年1月開催の親善試合・ポーランド代表戦でA代表初キャップ[4][5]。6月のジョージア代表戦で初ゴール[6]。さらにオマーン代表戦ではキャプテンを務めた[7]

UEFA EURO 2016予選プレーオフボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦に出場。1stレグでは2-0の勝利に貢献、試合後マンオブザマッチに選出された[8]

2016年5月のベラルーシ代表戦では2度目となるキャプテンを務めた[9]UEFA EURO 2016本戦では最初の2試合は出番がなかったが[10][11]、続くイタリア代表戦とフランス代表戦にスタメン出場した[12][13]

ゴール[編集]

2013年6月2日
No. 開催日 会場 対戦国 スコア 結果 大会 Ref
1 2013年6月2日 アイルランドの旗 アビバ・スタジアム  ジョージア 1–0 4–0 脚注 [14]

タイトル[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Richard Keogh tops end of season awards”. Coventry Observer. (2012年4月26日). オリジナル2013年4月19日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130419213911/http://www.coventryobserver.co.uk/2012/04/26/sport-Richard-Keogh-tops-end-of-season-awards-37948.html 
  2. ^ Keogh Wins The Jack Stamps Trophy”. Derby County F.C. (2013年5月4日). 2013年5月4日閲覧。
  3. ^ Keogh to captain Republic Under-21s”. RTÉ Sport (2007年6月14日). 2016年9月16日閲覧。
  4. ^ Five Uncapped Players In Irish Squad But No Given”. 98FM (2013年1月21日). 2013年2月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年1月21日閲覧。
  5. ^ R. of Ireland 2–0 Poland”. BBC Sport (2013年2月6日). 2013年2月6日閲覧。
  6. ^ Ireland 4–0 Georgia”. BBC Sport (2013年6月2日). 2013年6月2日閲覧。
  7. ^ Blake, Ben (2014年9月3日). “‘It was the proudest moment of my career by a long way’ – Keogh”. TheJournal.ie. 2014年9月4日閲覧。
  8. ^ Robert Cottingham (2015年11月16日). “Euro 2016 qualifying: Ireland v Bosnia and Herzegovina – the key battles”. Talksport. 2015年11月19日閲覧。
  9. ^ “'The 23 who go will be ready to do the country proud'”. Journal.ie. (2016年6月1日). http://www.the42.ie/richard-keogh-ireland-belarus-2799052-Jun2016/ 2016年6月30日閲覧。 
  10. ^ Republic of Ireland 1–1 Sweden”. BBC Sport (2016年6月13日). 2016年6月30日閲覧。
  11. ^ Belgium 3–0 Republic of Ireland”. BBC Sport (2016年6月18日). 2016年6月30日閲覧。
  12. ^ Italy 0–1 Republic of Ireland”. BBC Sport (2016年6月22日). 2016年6月30日閲覧。
  13. ^ France 2–1 Republic of Ireland”. BBC Sport (2016年6月26日). 2016年6月30日閲覧。
  14. ^ Republic of Ireland 4–0 Georgia”. RTÉ Sport (2013年6月2日). 2016年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]