リチア・アルバネーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リチア・アルバネーゼ(Licia Albanese、1909年7月22日 - 2014年8月15日[1])は、イタリア出身のソプラノ歌手[2]

バーリの生まれ。地元でエマヌエーレ・デ・ローザ、ミラノでジュゼッピーナ・バルダザーレ=テデスキに師事し、1934年にミラノのリリコ劇場でプッチーニの《蝶々夫人》を歌ってデビューを飾った。1937年にはコヴェント・ガーデン王立歌劇場でプッチーニの《トゥーランドット》のリュー役およびヴェルディの《ファルスタッフ》のナンネッタ役で出演する。その翌年にはフィレンツェ五月音楽祭ハイドンの《無人島》に出演した。1940年から1960年までニューヨークメトロポリタン歌劇場を中心に活躍し、アルトゥーロ・トスカニーニによるオペラ・レコーディングにも参加した。その後は、サンフランシスコ歌劇場などでも歌い、1970年代に第一線を退いた。 1974年にオペラ歌手、作曲家、演出家や演奏家など若手のオペラ関係者を支援するリチア・アルバネーゼ=プッチーニ財団[3]を立ち上げた。

1995年には、ビル・クリントンアメリカ合衆国大統領からアメリカ国民芸術勲章[4]、2000年にはニューヨーク市からヘンデル・メダルを贈られた。

出演オペラ[編集]

[編集]

  1. ^ 伊ソプラノ歌手アルバネーゼさん死去、「蝶々夫人」などで有名 朝日新聞 2014年8月18日
  2. ^ Naxos
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]
  5. ^ La Bohème {344} Metropolitan Opera House: 02/22/1940
  6. ^ Carmen {361} Matinee ed. Metropolitan Opera House: 03/15/1940
  7. ^ Le Nozze di Figaro {59} Matinee Broadcast ed. Metropolitan Opera House: 12/7/1940
  8. ^ Le Nozze di Figaro {160} Metropolitan Opera House: 02/1/1957
  9. ^ Faust {432} Metropolitan Opera House: 01/30/1942
  10. ^ Pagliacci {356} The Island God {1} Metropolitan Opera House: 02/20/1942
  11. ^ La Traviata {248} Matinee Broadcast ed. Metropolitan Opera House: 12/5/1942
  12. ^ Il Tabarro {12} Don Pasquale {38} Matinee Broadcast ed. Metropolitan Opera House: 01/5/1946
  13. ^ Manon {152} Metropolitan Opera House: 11/12/1947
  14. ^ Otello {94} Metropolitan Opera House: 11/29/1948
  15. ^ Manon Lescaut {72} Metropolitan Opera House: 12/26/1949
  16. ^ Tosca {304} Metropolitan Opera House: 12/20/1952
  17. ^ Adriana Lecouvreur {10} Metropolitan Opera House: 02/23/1963