コンテンツにスキップ

リゾート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リゾートとプールサンディエゴカリフォルニア州
ルカのリゾートタウン(クーサモフィンランド)

リゾートResort)とは、大勢の人が休暇余暇を過ごす場所のこと。行楽地。保養地。

行楽保養観光が地元の文化経済の主要な要素となっている都市を、リゾート都市またはリゾートタウンと呼ぶ(en:Resort town)。

概要

[編集]
レイクリゾートでカヤックジャスパー (アルバータ州)
バンフ・スプリングス・ホテルロッキー山脈

「再び」を意味する "re" と、フランス語で「出かける」という意味を持つ "sortir" の略である "sort" が合わさった単語で、「何度も通う場所」という意味が転じて行楽地となった。

本来は行楽地全般のことを指すが、古典的な保養地英語版のイメージのように「風光明媚で、のんびりとリラックスできる場所」という意味合いが付加されることがある。日本英語圏では、整備された比較的大きな敷地や多様な付帯施設を有するホテルに対する名称や分類として使われることも一般的である。日本語では、それぞれ「リゾート地」「リゾートホテル」というように呼称し、対象を明確にすることがある。

日本におけるリゾートの定義には、バブル期の1987年に制定されたリゾート法による「国民が多様な余暇活動を楽しめる場」がある。実際に同法の適用を受けたのは、ゴルフ場スキー場、マリーナ(ヨットハーバー)、リゾートホテルといった大型施設であった。プールスパ、時にはゲームセンターなどを有する単体の総合施設をリゾート(施設)と呼ぶのは、日本独自の拡大解釈である。

リゾート(リゾート地)には様々な形態があるが、その運営の仕方によっては二つのタイプが典型的である。1つは、そのリゾートの大半が地元企業によって営まれているケースであり、多くのリゾートがこちらに該当する。もう1つは、そこに滞在中のほとんどの楽しみが1つの企業によって提供されるもので、代表は、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートである。

またリゾートは、いわゆる観光地とは異なり、景勝地や名勝といったその地域特有の資源に必ずしも依存しているわけではなく、静養に適した気候や環境、開発に適した土壌といった点でリゾートとして繁栄するかどうかが決定づけられる場合も多い。

日本におけるリゾート開発

[編集]

近世以前は各地の温泉が保養地として知られていた。

近代リゾート開発は、明治時代に外国人の山岳避暑地として始まる。現在の兵庫県神戸市六甲山において、1874年明治7年)に日本最初の近代登山が外国人パーティにより行われ、その後登山道ハイクのための山上の歩道の整備が行われた。次いでイギリス人貿易商A・H・グルーム1895年(明治28年)に三国池の畔に建てた別荘を嚆矢(こうし)として別荘地が形成され、1903年(明治36年)に日本初となるゴルフ場が開場するなどレジャー用施設が建てられた。これらは全て神戸外国人居留地の欧米人により行われた[5]

高原避暑地として広く知られる長野県軽井沢は、1888年(明治21年)よりカナダ人宣教師アレクサンダー・クロフト・ショーが別荘地を建設したことが始まりである。1893年東京鉄道で直結されたこともあって、明治期の間に外国人別荘数が日本で最も多くなり[6]、その後1918年西武1945年には東急と、東京の企業が開発に参入して一大リゾート地となった。

また、海浜避暑地は、宮城県七ヶ浜(当時の仙台区の東方。松島の一部)において、1888年(明治21年)の海水浴場開場および1889年(明治22年)からの外国人宣教師らよる別荘建設(高山外国人避暑地)が始まりである。これらは東アジア各地から避暑をしに日本に集まる外国人の長期滞在に対応したものである。

1933年大倉財閥大倉喜七郎は、北アルプスへの登山をきっかけに長野県上高地の地に上高地帝国ホテルを開業。日本の山岳リゾート地の先駆けとなった[7]。リゾート開発は大規模な面積を要し、多大の資金と長期間の計画的な投資を必要とすることから、東武グループ東急西武ヤマハなど、オーナー経営色の強い企業がリゾート開発を企業体として行うことが多い。

1987年昭和62年)、カネ余りと内需振興の掛け声により総合保養地域整備法(リゾート法)が制定され、各地の地方自治体が民間企業と組んでリゾート開発を計画したが、その後のバブル崩壊等もあり、そのほとんどが頓挫し、また大規模年金保養基地(グリーンピア)等の公共リゾートの失敗もあいまってリゾート開発ブームの時代は終焉を迎えた。この経緯については総合保養地域整備法の項を参照のこと。

リゾートの種類

[編集]
リゾートアイランドフォーシーズンズ リゾート ボラボラ島
由布院温泉はスパリゾート。露天風呂から眺める由布岳
スキーリゾート(ポーランド
香港ディズニーランド・リゾート
ギャラクシー・マカオ

世界の主なリゾート地

[編集]
ラスベガス・ストリップ は多くのカジノリゾート

マリンリゾート

[編集]

海水浴やマリンスポーツなどに適した、比較的温暖な地域に多い。有名な密集地としてはアンダマン海、エーゲ海、アドリア海、カリブ海などがある。

アジア

インド洋やアンダマン海に面した東南アジア諸国では、古くから欧米人が避暑に訪れるほか、近接性によりアジア方面からの観光客も増加しているため、リゾート開発が活発であり、マレーシアのペナン島、タイのプーケット島、インドネシアのバリ島、フィリピンのセブ島などが著名であったが、近年はベトナム、カンボジア、ミャンマー、バングラデシュなどといった発展途上国及び中進国のリゾート開発も盛んになっている。

日本沖縄(主に本島北部、恩納海岸など)、先島諸島西表島竹富島石垣島宮古島など)、奄美群島与論島喜界島など)、日南海岸瀬戸内海小豆島直島牛窓など)、宇和海御荘など)、南紀白浜串本那智勝浦など)、志摩南知多伊豆半島南房総館山鴨川御宿など)
台湾中華民国):墾丁国家公園
韓国済州島釜山広域市海雲台仁川広域市中区永宗島
中国海南島三亜ボアオ)、北海広西チワン族自治区
タイプーケット島サムイ島クラビピピ島ホアヒンパタヤチャンタブリー県ペッチャブリー県トラン県パンガー県
マレーシアペナン島ランカウイ島コタキナバルティオマン島レダン島タワウボルネオ島
フィリピンセブ島ボホール島ボラカイ島パラワン島アマンプロ
インドネシアバリ島ロンボク島ビンタン島バタム島メナドスラウェシ島
ベトナムダナンニャチャンクイニョンファンティエットフーコック島
カンボジアシアヌークビルケップロン島
ミャンマーガパリ チャウンター グエサウン
スリランカニゴンボベントタ英語版ベルワラ英語版
バングラデシュクアカタビーチコックスバザール
インドゴア
パキスタンクリフトン・ビーチ
モルディブ
イランキーシュ島
アラブ首長国連邦ドバイ
トルコボドルムアンタルヤカシュ
アフリカ
エジプトダハブシャルム・エル・シェイク
モーリシャス
セーシェル
ケニアモンバサ
タンザニアザンジバル
南アフリカケープタウン
ヨーロッパ
イギリスブライトンワイト島
モナコモンテカルロ
フランスコート・ダジュールニースカンヌ
スペインコスタ・デル・ソルマルベーリャなど)、イビサ島マジョルカ島
ポルトガルアルガルヴェ
イタリアリビエラ海岸リミニマルケ州カラブリア州サルデーニャ島シチリア島
ギリシャミコノス島サントリーニ島など、エーゲ海の島々
ロシアソチ
北中米
アメリカ合衆国サンタモニカマイアミビーチ、キーウェストフォートローダーデールポンパノビーチハワイ諸島ナンタケット島、コーパスクリスティ
メキシコカンクンアカプルコベラクルスカボサンルーカスロスカボス)、プエルトバジャルタ
ベリーズ
キューババラデロ
バハマ
ドミニカ共和国カサ・デ・カンポ
ジャマイカモンテゴベイ
英領ケイマン諸島
小アンティル諸島:バルバドス仏領マルティニーク島など
南米
エクアドルサリーナス
ベネズエラマルガリータ島 ロス・ロケス諸島
ペルーパラカス ワカチナ
チリビーニャ
ブラジルコパカバーナ ブジオス ポルトセグーロ ジェリコアコアラ マナイラ ナタール(ポンタ・ネグラ)、バウネアーリオ・コンボリウーなど
オセアニア
オーストラリアハミルトン島ケアンズゴールドコースト
ニュージーランドクリアウォーター パイヒア
パプアニューギニアマダン
グアム島北マリアナ諸島サイパン島テニアン島ロタ島
ニューカレドニア島タヒチ島
パラオペリリュー島
フィジー

山岳リゾート

[編集]

高原など標高が高く冷涼な地域が多い。主に避暑地として好まれ、冬はスキーリゾートとなることも。火山帯が近いと温泉保養地を兼ねることもある。

アジア
日本: ニセコルスツ、トマム→占冠安比高原田沢湖蔵王連峰磐梯高原那須高原奥日光箱根越後湯沢妙高高原草津万座軽井沢蓼科高原菅平高原志賀高原飯綱高原上高地安曇野霧ヶ峰白樺湖八ヶ岳山麓富士五湖十里木高原朝霧高原蛭ケ野高原六甲山蒜山高原久万高原湯布院阿蘇高原
韓国: 雪岳山平昌
中国: 長白山麗江
フィリピン: フィリピン・コルディリェーラの棚田群バギオタガイタイ
ネパール: ポカラナガルコット
インド:シムラ
アフリカ
タンザニアモシ
南アフリカサンシティ
レソト: アフリスキー
ヨーロッパ
スイス: ベルナーオーパーランドインターラーケングリンデルヴァルドラウターブルンネンユングフラウ)、ツェルマットローザンヌサンモリッツダボス
オーストリア: ゼルデンツィラーターラー
フランス: シャモニー、: モルジヌ(アボリア)
イタリア: コルティーナ・ダンペッツォボルミオクールマイユールヴァルトゥルナンシュ(チェルヴィニア)
ドイツ: ベルヒテスガーデン
ロシア: チェゲト
北中米
カナダ: ウィスラーバンフ
アメリカ合衆国: アスペンレークプラシッドタホ湖オリンピックバレー
南米
ブラジル: グラマド
オセアニア
ニュージーランド: マウントクック
オーストラリア: スレドボペリッシャー

スパリゾート

[編集]

いわゆる温泉地。火山帯に近い地域に多い。

脚注

[編集]
  1. ^ 上垣 & 安島 1990, pp. 313–318
  2. ^ 矢野, 安田 & 大谷 1990, pp. 269–270
  3. ^ 迫田 2009, pp. 845–848
  4. ^ 神木 2017, pp. 23–32
  5. ^ A・H・グルームの別荘[1]、開発の経過と保全[2]、六甲山カンツリーハウスを核とする開発[3]、『豪商神兵 湊の魁』と『六甲山別荘地図』[4]の考察がある。
  6. ^ 斎藤 1994, p. 146
  7. ^ 歴代「上高地帝国ホテル」のシェフの味が勢ぞろい! 日比谷で楽しむ信州グルメ”. LEE. 2018年11月8日閲覧。

参考文献

[編集]

主な執筆者の50音順。

日本のリゾート開発に関するもの

  • 上垣 智弘、安島 博幸「六甲山における外国人別荘地の成立と展開」『都市計画論文集』第25巻、1990年10月25日、313-318頁“In 1895, A.H.Groom, a trader and a resident of Kobe, built a summer house near Mikuni pond on Mt.Rokkou. He was an avid sports enthuiast and established the first golf course in Japan on …” 
  • 神木 哲男「神戸における西洋生活文化の受容 : 「豪商神兵 湊の魁」・「六甲山別荘地図」を素材に」『都市政策』第166号、2017年1月、23-32頁。 
  • 斎藤功「わが国最初の高原避暑地宮ノ下と箱根 — 明治期を中心に —」『筑波大学人文地理学研究』第18巻、1994年、133-161頁、hdl:2241/00127075 
  • 迫田 修一「9035 六甲山カンツリーハウス周辺における別荘地開発について : 六甲山別荘地開発の変遷に関する研究 その1(建築史・建築意匠・建築論)」『日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系』第49号、日本建築学会、2009年5月22日、845-848頁。 
  • 矢野 竜市、安田 孝、大谷 光一、尾崎 健二「7135 六甲山上別荘地開発の経過と保全について」『学術講演梗概集. F-1』、日本建築学会、1999年7月30日、269-270頁。 

関連資料

[編集]

発行年順。

  • 三木健『リゾート開発 沖縄からの報告』三一書房、1990年。  沖縄県の事例の批判的検討

関連項目

[編集]
作品
  • いつかどこかで』 - 小田和正監督の映画作品。バブル期を舞台にリゾート開発事業に勤しむ主人公達の奮闘を描いた作品。
施設、設備
組織
法規