リスベート・ツヴェルガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リスベート・ツヴェルガー
Lisbeth Zwerger
誕生 (1954-05-26) 1954年5月26日(67歳)
オーストリアの旗オーストリアウィーン
職業 絵本画家、イラストレーター
国籍  オーストリア
ジャンル 童話
主な受賞歴 国際アンデルセン賞画家賞(1990)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

リスベート・ツヴェルガーLisbeth Zwerger1954年5月26日 – )は、オーストリア絵本画家、イラストレーターである。

来歴[編集]

1954年、オーストリアウィーン生まれ[1]。ウィーン応用美術大学を卒業後、1977年、E.T.A.ホフマンの『ふしぎな子』のイラストでデビュー[1]。その後、多くの童話を題材とした絵本を製作し、1990年には国際アンデルセン賞画家賞を受賞[1]

受賞歴[編集]

  • 1978年 ボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞 「ふしぎな子」[1]
  • 1979年 ブラチスラバ国際絵本原画展(BIB)優良賞 「ふしぎな子」[1]
  • ブラチスラバ国際絵本原画展(BIB)金賞[1]
  • オーストリア政府賞[1]
  • ニューヨーク・タイムズ年間最優秀絵本賞[1]
  • 1990年 国際アンデルセン賞画家賞[1]
  • 1998年 オーストリア栄誉賞(児童文学)受賞[2]
  • 2003年 オーストリア共和国功績勲章金章受勲[2]

主な作品[編集]

日本語訳された作品[編集]

  • 『ヘンゼルとグレーテル』グリム兄弟作、佐久間彪訳、かど創房、1981年
  • 『くるみわり人形とねずみの王さま』E.T.A.ホフマン作、山本定祐訳、冨山房、1981年
  • 『おやゆびひめ』H.C.アンデルセン作、佐久間彪訳、かど創房、1982年
  • 『賢者のおくりもの』オー・ヘンリー作、矢川澄子訳、冨山房、1983年
  • 『あかずきん』グリム兄弟作、池田香代子訳、冨山房、1983年
  • 『ばらになった王子』クレメンス・ブレンターノ文、池田香代子訳、冨山房、1983年
  • 『ふしぎな子』E.T.A.ホフマン文、矢川澄子訳、冨山房、1985年
  • 『七わのからす』グリム兄弟作、池田香代子訳、冨山房、1985年
  • 『国をすくった子どもたち - あっちこっちりゅうだらけのお話』イディス・ネズビット作、猪熊葉子訳、太平社、1987年
  • 『ぶたかい王子』ハンス・クリスチャン・アンデルセン作、北村太郎訳、冨山房、1987年
  • 『わがままな大男』オスカー・ワイルド作、北村太郎訳、冨山房、1987年
  • 『ちいさなヘーヴェルマン』テオドール・シュトルム作、池内紀訳、太平社、1997年
  • 『クリスマス・キャロル』チャールズ・ディケンズ作、吉田新一訳、太平社、1989年
  • 『イソップ12の物語』イソップ原作、吉田新一訳、太平社、1990年
  • 『ティル・オイレンシュピーゲルのゆかいないたずら』ハインツ・ヤーニシュ作、阿部謹也訳、太平社、1991年
  • 『アンデルセンコレクション』ハンス・クリスチャン・アンデルセン作、大畑末吉訳、太平社、1993年
  • 『ちいさなヘーヴェルマン』テオドーア・シュトルム作、池内紀訳、太平社、1997年
  • 『鼻のこびと』ヴィルヘルム・ハウフ作、池内紀訳、太平社、1999年
  • 『ラクダのこぶはなぜできた?』ラドヤード・キップリング作、宮内悠介訳、ノルドズッド・ジャパン、2003年
  • 『白鳥の湖』ピョートル・チャイコフスキー原作、池田香代子訳、ノルドズッド・ジャパン、2003年
    • 『白鳥の湖』ピョートル・チャイコフスキー原作、池田香代子訳、ブロンズ新社、2009年
  • 『人魚ひめ - アンデルセンの絵本』H.C.アンデルセン原作、角野栄子文、小学館、2004年
  • 『くるみ割り人形』E.T.A.ホフマン原作、ズザンネ・コッペ文、池田香代子訳、BL出版、2005年
  • 『クリスマスのまえのばん』クレメント・クラーク・ムーア詩、江國香織訳、BL出版、2006年
  • 『ブレーメンの音楽隊』ヤーコプ・グリム/ヴィルヘルム・グリム作、池田香代子訳、BL出版、2007年
  • 『不思議の国のアリス』ルイス・キャロル作、石井睦美訳、BL出版、2008年
  • 『オズの魔法使い』L.フランク・ボウム作、江國香織訳、BL出版、2008年
  • 『ハーメルンの笛吹き男 - グリム兄弟『ドイツ伝説集』より』ヤーコプ・グリム/ヴィルヘルム・グリム原作、レナーテ・レッケ文、池田香代子訳、BL出版、2010年
  • 『ノアの箱舟』ハインツ・ヤーニッシュ作、池田香代子訳、BL出版、2011年
  • 『モルゲンシュテルンのこどものうた』クリスティアン・モルゲンシュテルン詩、池田香代子訳、BL出版、2012年
  • 『リスベート・ツヴェルガーの世界』BL出版、2012年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」『リスベート ツヴェルガー』 - コトバンク. 2021年9月9日閲覧
  2. ^ a b 『リスベート・ツヴェルガーの世界』BL出版、2012年、112頁