リシノール酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リシノール酸
リシノール酸
IUPAC名(7Z,12R)-12-ヒドロキシオクタデカ-9-エノン酸
別名12-ヒドロキシ-9-cis-オクタデケン酸
分子式C18H34O3
分子量298.461
CAS登録番号[141-22-0]
SMILESCCCCCC[C@H](C\C=C/CCCCCCCC(=O)O)O

リシノール酸(リシノールさん、Ricinoleic acid)は、ω-9型の非飽和脂肪酸で、天然ではトウゴマの種子に存在する。ひまし油の構成脂肪酸の約90%はリシノール酸のトリグリセリドである。工業的にはひまし油の加水分解または鹸化によって作られている[1]

鎮痛剤や抗炎症剤としての効果があり、薬としても用いられる[2]

出典[編集]

  1. ^ The Biosynthesis of Ricinoleic Acid”. NIH. 2006年12月30日閲覧。
  2. ^ Effect of ricinoleic acid in acute and subchronic experimental models of inflammation”. PubMed. 2007年1月6日閲覧。