リサ・ラーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スティグ・リンドベリとリサ・ラーソン(1967年)

インガ・リサ・ラーソンスウェーデン語: Inga Lisa Larson、 1931年 - )はスウェーデンの世界的な陶芸家、デザイナー。有名な彫刻に Small Zoo (1955), ABC-girls (1958), Africa (1964)  Children of the World (1974–75)などがある。

略歴[編集]

リサ・ラーソンは1931年、スウェーデンの南部に生まれた。1949-54年、ヨーテボリ大学芸術学部デザイン工芸校英語版(HDK)に学んだ後、スウェーデンの陶磁器メーカーグスタフスベリのアートディレクターであったスティグ・リンドベリに採用されてグスタフスベリ・ファブリカに入社した。1952年、グンナル・ラーソンと結婚。1980年、ラーソンはグスタフスベリを離れ、フリーランスとなり、数多くのスウェーデンの企業と仕事をした。その中にはDuka、Kooperativa Förbundet、Åhléns百貨店などがある。グスタフスベリ社は1987年に買収されて工場も閉鎖された。1992年、ラーソンはかつての同僚数人とともに Keramikstudion i Gustavsberg(ケラミークステューディオン・グスタフスベリ、グスタフスベリ陶器スタジオ)を設立した。このスタジオで、新たなデザインと小品が今も作成されている[1]

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Book "Lisa Larson, Gustavsberg, 1954-80" by Andreas Ribbung

参考文献[編集]

  • 『Lisa Larson リサ・ラーソン』実業の日本社 2014年

外部リンク[編集]