リゴベルト・ウラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はウラン第二姓(母方の)はウランです。
リゴベルト・ウラン
Rigoberto Urán
Cycling (road) pictogram.svg
Tour de l'Ain 2014 - Stage 3 - Portrait (1).JPG
個人情報
本名 Rigoberto Urán Urán
リゴベルト・ウラン・ウラン
生年月日 (1987-01-26) 1987年1月26日(31歳)
国籍  コロンビア
身長 173cm
体重 62kg
チーム情報
所属 キャノンデール・ドラパック・プロサイクリング・チーム
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 オールラウンダー[1]
プロ所属チーム
2006
2007
2008–2010
2011–2013
2014–2015
2016-
テナックス
ユニベット
ケス・デパーニュ
チームスカイ
クイックステップ
キャノンデール・ドラパック
チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール
主要レース勝利
グランプリ・シクリスト・ド・ケベック (2015)
ジロ・デ・イタリア Jersey white.svg新人賞 (2012)
 区間通算2勝
ツール・ド・フランス 区間優勝
カタルーニャ一周 区間優勝
ツール・ド・スイス 区間1勝
 コロンビア選手権 ITT(2017)
 
獲得メダル
オリンピック
2012 ロンドン 個人ロード
最終更新日
2017年7月10日

リゴベルト・ウラン(Rigoberto Urán、1987年1月26日 - )は、コロンビアウラオスペイン語版英語版出身の自転車競技選手。

経歴[編集]

父、エリベルト・ウランも自転車プロロードレース選手の経験を持つ。しかし自転車選手としてのキャリアをスタートさせた14歳のとき、父親が『麻薬カルテル戦争』に巻き込まれて殺害されたため、自身が宝くじの販売で生計を立て一家を支えた。16歳のとき、プロ自転車選手になるべく、メデリンヘ移住。 2003年、国内選手権、U17部門の個人タイムトライアル(ITT)及びポイントレースを優勝。

2005年、国内選手権・U19部門では、個人ロードレース、個人追い抜き、マディソン、スクラッチの計4冠に輝いた。

2006年、テナックスと契約を結んでプロに転向。

2007年、当時UCIプロチームだったユニベット.comに移籍。しかし、ユニベットが2007年シーズン限りで解散。

2008年、ケス・デパーニュ(後のモビスター・チーム)に移籍。カタルーニャ一周 総合2位と健闘。

2011年、チーム・スカイに移籍。

2012年、ジロ・デ・イタリアで新人賞を獲得。ロンドンオリンピックではラストにアレクサンドル・ヴィノクロフとともにアタックを決める。後方確認した際にヴィノクロフにスプリントを開始され反応が遅れ勝利は逃したが、2位でゴールし銀メダルを獲得。

2013年、ジロブラッドリー・ウィギンスのアシストとして出場。しかしウィギンスがリタイアしてしまったため、自身がエースを担うことに。第10ステージで優勝し、さらに最終日前日のステージの最後の登りでカルロス・ベタンクールら同胞のコロンビア勢と一致団結してカデル・エヴァンスを逆転、総合2位を獲得した。

2014年、オメガファーマ・クイックステップに移籍。ジロでは第12ステージの個人タイムトライアルを制し、エヴァンスからマリア・ローザを奪取。しかし第16ステージで同胞の若手ナイロ・キンタナの独走を許してしまいマリア・ローザを失う[2][3]。その後も攻撃を続けるもキンタナを逆転できず総合2位となった。

2016年、キャノンデール・ドラパックに移籍。

2017年、ツール・ド・フランスに出場。難関山岳コースとなった第9ステージのモン・デュ・シャの下りでリッチー・ポートダニエル・マーティンの落車に巻き込まれかけるも回避。しかしこの影響でシングルギア化してしまう。それにも関わらずワレン・バルギルを僅差で抑えステージ優勝。総合4位に浮上する。第17ステージで総合2位ファビオ・アルが遅れたことにより総合3位に。続く第18ステージでは最終盤に失速し総合2位ロマン・バルデとの差を広げられるが、第20ステージの個人タイムトライアルでバルデを大きく突き放し[4]、総合2位でフィニッシュした。

主な戦績[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ciclissimo 2017 No.53 プロチームガイド選手名鑑』八重洲出版、2017年。
  2. ^ 雪降るクイーンステージを制したキンタナがマリアローザ獲得-cyclowired.jp 2014年5月28日付
  3. ^ 当ステージに組み込まれたステルヴィオ峠の下りがニュートラル扱いになるとの誤報を受けたため遅れた。
  4. ^ スタート前は6秒リードされた状態だったがステージ終了後には1分26秒の差をつけており、結果としてこのステージだけでバルデから1分32秒ものタイムを奪った。

外部リンク[編集]