リガク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社リガク
Rigaku Corporation
種類 株式会社
略称 リガク
本社所在地 日本の旗 日本
196-8666
東京都昭島市松原町3-9-12
設立 1951年12月6日
業種 精密機器
法人番号 5012801002680
事業内容 科学機器の製造・販売
代表者 志村晶(代表取締役社長)
資本金 1億円(2013年5月29日現在)
売上高 連結:312億円(2012年3月期)
従業員数 単体:約760名
連結:約1,100名(2013年5月29日現在)
支店舗数 2店(2013年5月29日現在)
外部リンク http://www.rigaku.co.jp/
テンプレートを表示

リガク株式会社: Rigaku Corporation)は、X線回折(XRD)や蛍光X線(XRF)、熱分析分光分析などの装置を製造を行う企業である。

所在地[編集]

リガクの本社東京にある。製造研究開発を行う拠点は、日本アメリカ合衆国にある。

アメリカ合衆国における子会社は、Rigaku Americas Corporation(テキサス州ウッドランド)、Applied Rigaku Technologies(テキサス州オースティン)、Rigaku Innovative Technologies(ミシガン州オーバーンヒルズ)がある。ヨーロッパの拠点は、イギリスケント州のSevenoaksとドイツベルリンチェコにある。

沿革[編集]

  • 1951年 - 理学電機株式会社として創立した。
  • 1952年 - 世界で初めて回転対陰極型X線発生装置(ロータフレックス)を開発した。[1]
  • 1954年 - 日本で初めて自動記録式X線回折装置(ガイガーフレックス)を開発した。
  • 1976年 - 応力測定のための平行ビームを用いたX線回折装置と、炭素を測定可能な蛍光X線装置を開発した。
  • 1981年 - ホウ素を測定可能な蛍光X線装置を開発した。

脚注[編集]

  1. ^ Taguchi, Takeyoshi. "In-Laboratory X-ray Source from 1keV to 40keV ", Analytical Sciences 2001, Vol. 17, . Retrieved on 2005-10-27.

外部リンク[編集]