リカルド・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

リカルド・サントス(Ricardo Santos, 1920年 - 1998年)は、ドイツ生まれの音楽家(編曲家)である。1950年代から1960年代にかけてリカルド・サントス楽団を率いて、ラテン音楽の分野で活躍した。1970年代に レコード会社を移籍して以降は、本名のウェルナー・ミューラー (Werner Müller)として活動した。

日本では、1957年に「真珠とり(真珠採りのタンゴ)」がヒットした。1958年初来日。

おもなヒット曲[編集]

  • 真珠採りのタンゴ(真珠とり)
  • さくらさくら
  • ホリデイ・イン・シリーズ
    • ホリデイ・イン・ニッポン
    • ホリデイ・イン・イタリー
    • ホリデー・イン・ジャパン
  • 皇太子のタンゴ
    日本皇太子明仁親王(当時)と正田美智子(当時)の婚約発表を祝賀した曲(ミッチー・ブームも参照)。「ホリデイ・イン・ニッポン」「ホリデー・イン・ジャパン」のヒットを受けて、日本向け企画シングルとして制作された。
  • ファンタジー・オブ・ジャパン
  • 12人のチェロのためのビートルズ作品 他(本名での編曲。ベルリン・フィルハーモニーのチェロ・アンサンブルによる委嘱)
  • ペピート(関西テレビよ~いドン!」内のコーナー「となりの人間国宝さん」テーマソングとして使われている)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]