リカエノプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リカエノプス
リカエノプスの復元図
リカエノプスの復元想像図
地質時代
ペルム紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
: 単弓綱 Synapsida
: 獣弓目 Therapsida
( 階級なし) 獣歯類 Theriodontia
亜目 : ゴルゴノプス亜目 Gorgonopsia
: ゴルゴノプス科 Gorgonopsidae
: リカエノプス属 Lycaenops
学名
Lycaenops
  • L. angusticeps
  • L. ornatus
  • L. kingwilli

リカエノプス(Lycaenops) は、古生代ペルム紀後期に生息していた単弓類絶滅した獣弓目 - ゴルゴノプス亜目。属名は「オオカミの顔」の意。オオカミと同様のニッチを占める捕食者であったといわれている。

特徴[編集]

全長約70センチメートル - 1メートル。走行性の哺乳類の捕食者に似通った骨格を持つ。頭蓋は狭いが高さがあり、吻部は長い。犬歯は大型化し、サーベル状の牙となっていた。彼らはこれで獲物を捕殺し、その肉を引き裂いていたと思われる。その獲物は、システケファルスなどの小型脊椎動物であったとされる。この生物の四肢は、それ以前の捕食者などに比べてより走行に適した形状となっていた。ただし、上腕骨は水平に近い位置にある。

分布[編集]

南アメリカカルー盆地などから化石が出土している。

参考文献[編集]

  • 富田幸光文、伊藤丙雄、岡本泰子イラスト 『絶滅哺乳類図鑑』 丸善、2002年、ISBN 4-621-04943-7

関連項目[編集]