リアジェット23

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リアジェット23

リアジェット23(Learjet 23)は、1960年代のはじめに初飛行した、アメリカ合衆国リアジェット社製のツインジェット(=ジェットエンジンを2台備えた機体)であり、2名の乗員と4座席または6座席の乗員席をもったジェット機である。「小型ビジネスジェット」というカテゴリーの先駆的な機体である。

発明家かつ起業家のウィリアム・パウエル・リア (William (Bill) Powell Lear, Sr.)は、自家用車用のカー・ラジオを実用化しその分野で「Motorola」というメガブランドを築くなどしてすでに財を成していたが、次に彼が開拓する有望な市場として「自家用ジェット機」を思いつき、世の社長や担当者たちがもっと敏速に移動することができれば、仕事をその日のうちに終えられ、すぐに飛んで帰れば家族と夕食を食べられる、と思い描き、そのような夢の飛行機の参考になる飛行機を探していたところ、スイスで開発が宙に浮いていたジェット戦闘機FFA P-16を見つけた。Hans-Luzius Studerが設計してスイスで開発された地上攻撃機FFA P-16は、スイス空軍に採用されることはなかった。リアは、その主翼の設計の良さ(翼長が短く高速性能に優れ、抗力が小さく、離陸・着陸時のコントロールがしやすい)に惚れ込み、可能性を感じ、スイス・アメリカン・アヴィエーション・コーポレーション(Swiss American Aviation Corporation :SAAC)を設立し、P-16の機体設計を利用する権利を入手し、夢の自家用ジェットの開発を「SAAC-23」という開発名のもとで行った。(なお、当時スペインに亡命中だったミハイ1世がウィリアム・リアと知り合い、テストパイロットとして開発に参加した[1]。)

そしてリアは米国カンサス州ウィチタに土地を得て工場を建設、「リアジェット23」として1962年2月7日に最初の製造を開始し、1963年10月7日に初飛行し、1964年10月13日に初号機が引き渡された。

リアジェット23は高性能の小型ビジネスジェットの市場を切り開いた。1966年に次モデルリアジェット24に製造が引き継がれるまでに104機が製造された。

要目[編集]

[2]

  • 乗員: 2名
  • 乗客: 6名
  • 全長: 13.18 m
  • 全巾; 10.84 m
  • 全高: 3.84 m
  • 空虚重量: 2,790 kg
  • 最大離陸重量: 5,670 kg
  • エンジン: General Electric CJ610-4英語版 ターボジェットエンジン(推力 12.71 kN)2基
  • 制限最大速度: 903 km/h=M0.74
  • 巡航速度: 834 km/h=M0.68
  • 失速速度: 168 km/h=M0.24
  • 巡航高度:13,715 m
  • 航続距離:2,945 km
  • 上昇率:3.5m/s

脚注[編集]

  1. ^ ASR Principele Radu al României - Mașinile Regelui, Editura Curtea Veche, București, 2012, 978-606-588-353-6
  2. ^ Talyor 1965, pp. 252–253

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]