ラーラ・メリヤム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラーラ・メリヤム
الأميرة للا مريم
出生 (1962-08-26) 1962年8月26日(56歳)
イタリアの旗 イタリアローマ
配偶者 アブドラティーフ・フィラーリ
父親 ハサン2世
母親 ラーラ・ラティファ・ハンム
テンプレートを表示

ラーラ・メリヤムالأميرة للا مريم , Lalla Meryem, 1962年8月26日 − )は、モロッコの王女。

来歴[編集]

父は先代の国王ハサン2世、母はラーラ・ラティファ・ハンム王妃で、夫妻の最初の子供である。イタリアローマ生まれ。

1981年バカロレアを取得後、当時国王だった父ハサン2世より、モロッコ陸軍の社会研究所所長に任命された。1984年にファード・フィラーリ外相の子息アブドラティーフ・フィラーリ(Abdellatif Filali)と結婚し、二児をもうけるが、1999年に離婚した。

兄弟は弟の現国王ムハンマド6世ムーレイ・ラシード王子、妹のラーラ・アズマ(Lalla Asma)、ラーラ・ハズナ(Lalla Hasna)。

国の機関で様々な職務に就いているが、現在特に社会文化的な活動に従事している。モロッコユニセフ協会の会長、在外モロッコ人のためのハサン2世基金会長、モロッコ国立児童権利監視センター(Moroccan National Observatory of the Childs Rights)会長、退役軍人社会研究のためのハサン2世基金会長などに就任。現在、ユネスコ親善大使として、女性と児童の権利向上に尽力している。