ラーミー・ハムダッラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラーミー・ハムダッラー
رامي حمدالله
Rami Hamdallah October 2013.jpg
ラーミー・ハムダッラー(2013年10月)
生年月日 (1958-08-10) 1958年8月10日(61歳)
出生地 パレスチナの旗 パレスチナヨルダン川西岸地区、アナブタ
出身校 ヨルダン大学
マンチェスター大学
ランカスター大学
所属政党 ファタハ

在任期間 2013年6月6日 - 2019年4月13日
大統領 マフムード・アッバース
テンプレートを表示

ラーミー・ハムダッラーアラビア語: رامي حمدالله‎, 1958年8月10日 - )は、パレスチナ国政治家学者。同国首相(第6代)を務めた。日本語の報道ではラミ・ハムダラなどと表記される。

経歴[編集]

ヨルダン川西岸地区トゥールカレム近くのアナブタ英語版出身。

1980年にヨルダン大学英語版を卒業、1982年にマンチェスター大学で文学修士号を取得。その後1988年、ランカスター大学応用言語学の博士号を取得。1998年8月、アン・ナジャーハ大学学長に就任[1]

中央選挙管理委員会事務局長やパレスチナ証券取引所代表などを歴任した[2]

政界へ[編集]

2013年、マフムード・アッバースと経済政策などを巡る確執から辞任したサラーム・ファイヤードの後継として首相に指名され、同年6月6日に就任。

しかし、同時に設置された副首相の権限をめぐってアッバースとの認識が相容れず、わずか2週間で辞表を提出し一旦はアッバース議長に受理された[3]が、その後再び首相に指名され続投した。

2014年、ハマース率いるガザ政府との統一暫定政府の首相に指名され[4]、6月2日に新内閣が発足した[5]。しかし2019年1月27日にアッバースの所属するファタハが新政府樹立を勧告したことを受け、翌28日に首相辞任を申し出た[6]。29日に辞表を提出し受理された[7][8]。2019年4月13日にムハンマド・シュタイエ英語版政権が発足し首相を退任[9]

脚注[編集]

  1. ^ “Prof. Rami Hamdallah”. An-Najah National University. http://www.najah.edu/page/934 2014年6月4日閲覧。 
  2. ^ “Rami Hamdallah, from University President to Prime Minister”. Palestinian News & Info Agency. (2013年6月3日). http://english.wafa.ps/index.php?action=detail&id=22543 2014年6月4日閲覧。 
  3. ^ “Hamdallah resigns as Palestinian prime minister”. Asharq Al-Awsat. (2013年6月24日). http://www.aawsat.net/2013/06/article55307041 2014年6月4日閲覧。 
  4. ^ 暫定政権首相にハムダラ氏=アッバス議長が任命-パレスチナ”. 時事通信 (2014年5月29日). 2014年5月29日閲覧。
  5. ^ “パレスチナにファタハとハマスの暫定統一政府”. 読売新聞. (2014年6月2日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20140602-OYT1T50115.html 2014年6月4日閲覧。 
  6. ^ “Palestinian PM willing to quit if president Abbas wishes”. ガルフ・タイムズ. (2019年1月28日). https://www.gulf-times.com/story/620540/Palestinian-PM-willing-to-quit-if-president-Abbas- 2019年1月29日閲覧。 
  7. ^ “パレスチナ首相が辞表 アッバス議長は立場を強化か”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年1月30日). http://www.afpbb.com/articles/-/3208754 2019年1月30日閲覧。 
  8. ^ “Palestinian President Abbas accepts PM Hamdallah's resignation”. Al Jazeera English. アルジャジーラ. (2019年1月30日). https://www.aljazeera.com/news/middleeast/2019/01/palestinian-president-abbas-accepts-pm-hamdallah-resignation-190129193837788.html 2019年1月30日閲覧。 
  9. ^ “シュタイエ首相の内閣発足=議長後継候補、ハマス排除-パレスチナ”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年4月14日). https://www.afpbb.com/articles/-/3220762 2019年4月15日閲覧。 
公職
先代:
サラーム・ファイヤード
パレスチナの旗 パレスチナ国首相
第6代:2013年 - 2019年
次代:
ムハンマド・シュタイエ英語版