ラービア・アダウィーヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラービア・アダウィーヤ(8世紀頃)は、スーフィー(イスラーム神秘主義者)である。

略歴[編集]

この人物の活躍した8世紀頃の文献はまったく存在しないこともあり、この人物の生涯についてはほとんど不明であるが、アダウィーヤは自身について一切語ることは無かったという。 数々の伝承が存在しているが12世紀から13世紀ペルシアのスーフィーであるファリードゥッディーン・アッタールが書いた文献が最も主要な資料とされる。

通説ではアダウィーヤはバスラで4番目の子として生まれたとされる。[1] 出生年は710年代頃であり、貧しい家庭であったと伝わる。父の死後に禁欲主義者になって砂漠で神への祈りの日々を送った。[2] アダウィーヤが最終的に至った結論はイスラーム神秘主義愛であった。それは俗世の愛を否定し、ひたすらイスラーム神秘主義におけるとの合一を唱える。[3] またアダウィーヤはイスラーム神秘主義詩を詩作したとされる。 おそらくバスラで病没した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]