ラーニー・パドミニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラーニー・パドミニー

ラーニー・パドミニー(Rani Padmini)は、インドメーワール王国の君主ラタン・シングの王妃。パドマーヴァティー(Padmavati)とも呼ばれる。

生涯[編集]

ラーニー・パドミニー

伝承によると、パドミニーはシンガルドゥウィーパ(スリランカ)の王女で、ラタン・シングは7つの海を渡り、多くの冒険を重ねてチットールガルへと戻ったという。ただし、これは100年以上たってから語られ始めたので、歴史家たちはこれを単なる伝説と見ている[1]

1303年デリーハルジー朝に首都チットールガルが包囲され、ラタン・シングはチットールガル城に籠城した[1][2]。その原因はその君主アラー・ウッディーン・ハルジーグジャラートに侵攻する際、メーワール王国内の通過を拒否したことにあった[1]。また、アラー・ウッディーンはラタン・シングの王妃パドミニーに大変愛着を抱き、横恋慕しようとしたとも伝えられる[1]

包囲はこの年の1月から8月まで続き[3]、ハルジー朝の軍勢は城に激しい攻撃をかけた[1]。その間、ラタン・シングは講和を求めて降伏し、一部は抵抗を続けたが[3]、チットールガルは陥落した[1][3]。パドミニーのその後の行方は定かではない。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f チャンドラ『中世インドの歴史』、p.96
  2. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.43
  3. ^ a b c 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.43

参考文献[編集]

関連項目[編集]