ラードゥジヌイ (ハンティ・マンシ自治管区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯62度08分 東経77度28分 / 北緯62.133度 東経77.467度 / 62.133; 77.467

ラードゥジヌイ市の旗

ラードゥジヌイロシア語:Ра́дужныйラードゥジュヌィイ)はロシア連邦ハンティ・マンシ自治管区にある都市

西シベリア低地の原野に位置し、オビ川の支流アガン川に面している。チュメニからは北東へ975km、自治管区の行政中心都市ハンティ・マンシースクから北東へ475km、ニジネヴァルトフスクからは北東へ140km。

人口は2002年の国勢調査で47,060人(1989年の調査では43,726人)。ニジネヴァルトフスク地区に位置するが、行政的には地区(ラヨン)には属さず自治管区に直属している。

1973年に付近の油田開発にともない、地質学者や油田労働者の居住地として建設された。1985年には市に昇格している。

経済は原油および天然ガスの採掘により好調である。交通面では、ニジネヴァルトフスクとの間に道路があり、ラードゥジヌイ空港もある。