ラーデのヤール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トロンハイム市内にあるラーデのヤール像。彫刻家ハラルド・サムエルセン(1881-1953)作。

ラーデのヤールノルウェー語: ladejarl[1]; 古ノルド語では Hlaðir とも)とは、9世紀から11世紀にかけてノルウェー中央部[2]を支配したヤール(候)たちのこと[3]

ラーデのヤールたちの領主宅は歴史的農地 ラーデ・ゴード(Lade gård,Lade Mansion)として知られ、現在のトロンハイム市東部、ヴァイキング時代には水路の要衝であったトロンハイムフィヨルドTrondheimsfjordの海岸にほど近い場所にある[4][5]スノッリ・ストゥルルソンによれば、ノルウェー王ハーラル1世(美髪王)は強大な軍を率いていたが船団をもっていなかったためハーコン・グリョートガルズソン英語版の助力を得、後にその礼としてハーコンを初代ラーデのヤールにしたという [6] [7]

著名なラーデのヤールたち[編集]

脚注[編集]

関連資料[編集]

  • Holmsen, Andreas (1976) Norges historie: fra de eldste tider til 1660 (Oslo: Universitetsforlaget) 82-00-03244-2
  • Stylegar, Frans-Arne (2013) Håkon Jarl (Oslo: Spartacus forlag AS) 978-82-430-0579-2
  • Titlestad, Torgrim (2011) Norge i vikingtid (Stavanger: Saga Bok AS) 978-82-91640-59-4
  • Thuesen, Nils Petter (2011) Norges historie (Oslo: Forlaget Historie og Kultur) 978-8292870518

外部リンク[編集]