ラース・スヴェンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラース・スヴェンセン、2012年、撮影 Ave Maria Mõistlik。

ラース・フレデリク・ヘンドラー・スヴェンセン(Lars Fredrik Händler Svendsen、1970年 - )は、ノルウェー著作家哲学者ベルゲン大学教授。スヴェンセンは多数の著書を出しており、26カ国語に翻訳されている。彼はまた、シンクタンクであるシヴィタノルウェー語版のプロジェクト責任者も務めている。2008年には、研究成果に対してメルツァー賞ノルウェー語版を受賞し、2010年ファンゲネス・テスタメンテ賞ノルウェー語版を受賞した。

彼はカント解釈学に関する論文で博士号を取った[1]

スヴェンセンが特定の主題について書いた哲学の本の一部は、英語ドイツ語フランス語デンマークスウェーデン語オランダ語フィンランド語ギリシャ語イタリア語ポルトガル語ロシア語トルコ語マケドニア語日本語など多数の言語に翻訳されている。

2011年には、ノルウェー連続テロ事件の実行犯アンネシュ・ベーリング・ブレイビクがネット上で公開していたマニフェスト文書「2083年 - ヨーロッパ独立宣言ノルウェー語版」のテキストの根底にある哲学的、イデオロギー的背景の分析を行なった[2]

おもな著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lars Fr. H. Svendsen Kant's critical hermeneutics : on schematization and interpretation, Avhandling (dr. art.) - Universitetet i Oslo, 1999
  2. ^ aftenposten.no Manifest uten filosofi 01.08.2011

外部リンク[編集]