ラーシュ・ボヒネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラーシュ・ボヒネン Football pictogram.svg
Bohinen.jpg
名前
本名 ラーシュ・ロアル・ボヒネン
ラテン文字 Lars Bohinen
基本情報
国籍  ノルウェー
生年月日 (1969-09-08) 1969年9月8日(53歳)
出身地 ヴァドソー
身長 185cm
選手情報
ポジション MF(CMF)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986 ノルウェーの旗 ベルム 2 (0)
1987 ノルウェーの旗 リン 20 (3)
1988-1989 ノルウェーの旗 ヴォレレンガ 33 (5)
1989-1990 ノルウェーの旗 バイキング 10 (0)
1990-1993 スイスの旗 BSCヤングボーイズ 58 (6)
1993 ノルウェーの旗 リールストロム(loan) 19 (1)
1993-1995 イングランドの旗 ノッティンガム・フォレスト 64 (7)
1995-1998 イングランドの旗 ブラックバーン・ローヴァーズ 59 (7)
1998-2001 イングランドの旗 ダービー・カウンティ 56 (1)
2001-2002 デンマークの旗 リンビー 26 (0)
2002 デンマークの旗 ファルム 2 (0)
2003-2005 ノルウェーの旗 ヴォレレンガ 6 (2)
代表歴
1985  ノルウェー U-15 5 (0)
1986  ノルウェー U-16 7 (0)
1988  ノルウェー U-18 2 (0)
1987  ノルウェー U-19 7 (3)
1989  ノルウェー U-20 6 (1)
1989-1991  ノルウェー U-21 8 (1)
1989-1999  ノルウェー 49 (10)
監督歴
2012-2013 ノルウェーの旗 アスケー
2014-2017 ノルウェーの旗 サンデフィヨルド
2018-2020 ノルウェーの旗 オーレスン
2021 ノルウェーの旗 サルプスボルグ
2022- ノルウェーの旗 スターベク
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラーシュ・ボヒネンノルウェー語: Lars Bohinen1969年9月8日 - )は、ノルウェーの元サッカー選手、現サッカー指導者。元ノルウェー代表。選手時代のポジションはMF

クラブ歴[編集]

ヴァドソーの生まれで、ベルムSKで選手となった。FKリンを経て、ヴォレレンガ・フォトバルでプロ選手となった。翌年にバイキングFKに移籍した。

1990年にBSCヤングボーイズに移籍。1993年にはリールストロムSKへの期限付き移籍を経験した。

1993年にディヴィジョン1ノッティンガム・フォレストFCに45万ポンドで完全移籍し、違約金は70万ポンドの値がつけられた。翌年にクラブが昇格すると、トッテナム・ホットスパーFC戦で30メートルほどの距離からのチップキックを決めるなど、活躍を見せた。

1995年にブラックバーン・ローヴァーズFCが違約金満額を支払い、3年契約で完全移籍[1]。当初はレギュラーであったが、ロイ・ホジソンが監督に就任すると、より守備的な選手が好まれるようになり、ポジションを失った。

1998年3月、ダービー・カウンティFCに145万ポンドで移籍。しかし1得点と揮わず、2001年1月に契約解除となった[2][3][4]

その後はリンビーBKファルムBKを経て、古巣のヴォレレンガ・フォトバルで2005年に引退した。

代表歴[編集]

A代表初出場は1989年10月25日のクウェート代表との親善試合であった。翌年10月31日のカメルーン代表との親善試合で代表初得点を記録した。1994 FIFAワールドカップの際には3試合全てに出場した。

1995年7月22日に行われたフランス代表との親善試合については、フランス軍が南太平洋地域で核実験を行った事に対する抗議として出場を拒否した[5]。なおその後の1998年2月に行われた同じカードでは出場している。

1999年3月27日に行われたUEFA EURO 2000予選ギリシャ代表戦が代表最後の試合となった。合計49試合10得点の成績を残した[6]

指導歴[編集]

選手引退後は指導者の道を歩んだ。2004年からヴォレレンガ・フォトバルでアシスタントコーチを務めたが、2006年に辞職した。2007年からスターベクIFでスポーティングディレクターを務めたが、2009年4月に退任した。

2012年にアスケー・フォトバルで自身初の監督に就任した。

私生活[編集]

クヴェン人の出自を持ち、1994 FIFAワールドカップにともに参加したシグール・ルシュフェルトはいとこにあたる。また息子のエミル・ボヒネンもサッカー選手である。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]