ラーの会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ラーの会(ラーのかい)は、自民党加藤紘一代議士を中心とする超党派議員の勉強会。2008年3月26日に発足した。東アジア日本安全保障外交をテーマに活動するのが設立の目的と言われる。

概要[編集]

発足は、「2008年2月に韓国李明博大統領に会うことからごく自然発生的にできた」とされている[1]。一方、マスコミからは「政界再編に向けリベラル勢力を結集する事を目的にしている」と評されている[2]

発足当初「ビビンバの会」と呼称していたが、「風格が無い」との理由から改名、古代エジプト太陽神ラー」の名前を取り2008年4月に「ラーの会」とした。命名は梅原猛[3]

主なメンバー[編集]

所属していたメンバー[編集]

注釈[編集]

外部リンク[編集]