ラ・ロシュフコー (シャラント県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
La Rochefoucauld
Blason La Rochefoucauld.svg
Larochef castle4.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) シャラント県
Blason département fr Charente.svg
(arrondissement) アングレーム郡
小郡 (canton) ラ・ロシュフコー小郡
INSEEコード 16281
郵便番号 16110
市長任期 リュシアン・ヴァイシエール
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Bandiat-Tardoire
人口動態
人口 2 923人
2011年
人口密度 405人/km2
住民の呼称 Rupificaldiens
地理
座標 北緯45度44分29秒 東経0度23分14秒 / 北緯45.7414度 東経0.3872度 / 45.7414; 0.3872座標: 北緯45度44分29秒 東経0度23分14秒 / 北緯45.7414度 東経0.3872度 / 45.7414; 0.3872
標高 平均:m
最低:75 m
最高:136 m
面積 7.21km2
La Rochefoucauldの位置(フランス内)
La Rochefoucauld
La Rochefoucauld
公式サイト larochefoucauld.fr
テンプレートを表示

ラ・ロシュフコーLa Rochefoucauldオック語リムーザン方言:La Ròcha Focaud)は、ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏シャラント県の旧コミューン。コミューンと同名の美しいルネサンス様式の城があるために、『アングーモワの真珠』(perle de l'Angoumois)と呼ばれている。

地理[編集]

県都アングレームの北東約21kmのところにあり、シャラント川の支流タルドワール川の谷の中に位置している。ブラコンヌの森の東側となる。アングレーム=リモージュ間の道路である国道141号線が通っている。

TERポワトゥー=シャラントのアングレーム=リムーザン路線が停車する、ラ・ロシュフコー駅がある。

地形的には、町はアキテーヌ盆地に属し、シャラントの石灰岩に一部が入る。コミューンはカルスト地形上にある。

歴史[編集]

フランス革命時代、貴族を連想させる名を避けるためにラ・ロシュ・タルドワール(La Roche Tardoire)と改名させられていた[1]

2019年1月1日、他コミューンと合併し、コミューン・ヌーヴェルのラ・ロシュフコー=アン=アングーモワとなった。

言語[編集]

ラ・ロシュフコーはオック語圏に含まれている。コミューンの西側に広がるブラコンヌの森は、オイル語圏のサントンジュ語との境界である[2]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
3462 3782 3699 3276 3448 3228 3111 2923

参照元:1999年までEHESS[3]、2004年以降INSEE[4][5]

経済[編集]

織物とフェルトを生産していたシャニョー社の工場が、タルドワール河岸のラ・シャバンヌ地区にある。1837年にサン・フロランで創業したこの会社は、2004年に操業を停止した。

史跡[編集]

  • ラ・ロシュフコー城 - 17世紀完成。現在もラ・ロシュフコー家の所有である。
  • ノートルダム・ド・ラソンプション・エ・サン・シバール参事会教会 - 13世紀。百年戦争ユグノー戦争で襲撃されたため、17世紀に再建事業が行われている。
  • カルメル派修道院 - ラ・ロシュフコーにカルメル会が定住したのは1329年である。修道院は15世紀から16世紀にかけて拡張された。1563年から1564年にユグノー軍に占領され、破壊された。17世紀初頭まで廃墟のまま打ち捨てられていた。19世紀から20世紀にかけては、コレージュの校舎として利用されていた。

出身者[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [Jacques Baudet et Jacques Chauveaud, Bulletins et mémoires, Société archéologique et historique de la Charente, 1986, « Toponymie révolutionnaire en Charente », p. 272-278 [lire sur le site d'André J.Balout]
  2. ^ Jean-Hippolyte Michon, Statistique monumentale de la Charente, Paris, Derache (réimprimé en 1980 par Bruno Sépulchre, Paris), 1844, 334 p
  3. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=29354
  4. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  5. ^ http://www.insee.fr