ラ・プティット・バンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラ・プティット・バンド
出身地 ベルギーの旗 ベルギー
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1972年~
公式サイト www.lapetitebande.be

ラ・プティット・バンドフランス語: La Petite Bande)は、ベルギーを拠点とする古楽器オーケストラである[1]。ラ・プティット・バンド合唱団も併設している。

沿革・概要[編集]

ドイツハルモニア・ムンディ・レーベルへの録音のために、グスタフ・レオンハルトシギスヴァルト・クイケンにより1972年に設立され、クイケンがコンサートマスターを務めた。楽団の名称はリュリが率いたオーケストラに由来する。レパートリーは活動初期はバロック音楽が中心だったが、近年はハイドンモーツァルトなどの古典派音楽まで及ぶ。

代表的なレコーディングは、レオンハルト指揮でリュリとラモー作品集やJ・S・バッハミサ曲ロ短調マタイ受難曲、クイケン指揮でバッハ作品集やハイドン交響曲集、モーツァルトのオペラなどがある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ La Petite Bande: Kick-off Concert Tour in Japan”. www.flanders.jp. www.flanders.jp. 2020年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]