ラ・トンブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
La Tombe
La Tombe mairie.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) セーヌ=エ=マルヌ県Blason département fr Seine-et-Marne.svg
(arrondissement) プロヴァン郡
小郡 (canton) プロヴァン小郡
INSEEコード 77467
郵便番号 77130
市長任期 パスカル・プレイエル[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Bassée-Montois
人口動態
人口 231人
2015年
人口密度 29人/km2
住民の呼称 Tombiers
地理
座標 北緯48度23分16秒 東経3度05分27秒 / 北緯48.3878度 東経3.0908度 / 48.3878; 3.0908座標: 北緯48度23分16秒 東経3度05分27秒 / 北緯48.3878度 東経3.0908度 / 48.3878; 3.0908
標高 平均:m
最低:49m
最高:86m
面積 7.84km2
La Tombeの位置(フランス内)
La Tombe
La Tombe
テンプレートを表示

ラ・トンブLa Tombe)は、フランスイル・ド・フランス地域圏セーヌ=エ=マルヌ県コミューン

地理[編集]

コミューンは県南東部に位置し、セーヌ川谷の中にある。

村はセーヌ左岸に建設されており、ブレ=シュル=セーヌの南西12km、プロヴァンの南西28kmに位置する。

由来[編集]

『墓』(tombe)という言葉が導き出されるキリスト教ラテン語のtumbaは、古代の墓地を名づけるため使われた。ラ・テーヌ文化の墓所がラ・トンブで発掘されている。

歴史[編集]

1418年5月26日、ローマ教皇マルティヌス5世の後援のもとでの2か月間の困難な交渉の後、フランス王シャルル7世ブルゴーニュ公ジャン無怖公との間でラ・トンブ条約が調印された。アルマニャック派ブルゴーニュ派との抗争を終わらせるべく結ばれた条約は、5月28日に発生したパリ蜂起が和平への希望を台無しにしたため、すぐに消滅してしまった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2004年 2015年
158 160 154 172 194 222 231 231

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2006年以降INSEE[3][4]

脚注[編集]