コンテンツにスキップ

ラ・ジュメリエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
La Jumellière
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏
(département) メーヌ=エ=ロワール県
(arrondissement) ショレ郡
小郡 (canton) シュミエ=ムレ小郡
INSEEコード 49169
郵便番号 49120
市長任期 ブリュノ・ブルシエ[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) C.C. de la région de Chemillé
人口動態
人口 1 386人
2012年
人口密度 48人/km2
住民の呼称 Jumellinois, Jumellinoise
地理
座標 北緯47度16分53秒 西経0度43分48秒 / 北緯47.2813888889度 西経0.73度 / 47.2813888889; -0.73座標: 北緯47度16分53秒 西経0度43分48秒 / 北緯47.2813888889度 西経0.73度 / 47.2813888889; -0.73
標高 平均:81m
最低:20m
最高:104 m
面積 29.09km2
La Jumellièreの位置(フランス内)
La Jumellière
La Jumellière
テンプレートを表示

ラ・ジュメリエールLa Jumellière)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏メーヌ=エ=ロワール県のかつて存在したコミューン

地理

[編集]

フランス西部にある農村型コミューンで、モージュ地方に位置する。シャロンヌ=シュル=ロワールとシュミエをつなぐ県道961号線が通っている。ル・ジュー川とオワイヨン川がコミューン内を流れる[2]

歴史

[編集]

村の名前は、周囲を取り巻く2つの小さな谷の名前からきている。丘陵のあるオワイヨン川谷とル・ジュー川谷である。

中世には、ラ・ジュメリエール家が所有した封建時代の城があった。末裔が1330年頃にルイ・ド・ボープレオと結婚し、所領はボープレオ家のものとなった。

村はフランス革命中にほぼ全体が焼かれた。ヴァンデ戦争もこの地方を襲った。地獄部隊は教会を燃やし、住民たちを虐待して大勢を処刑した。村はその後再建された。

2014年、自治体間連合レジオン・ド・シュミエに加盟するコミューン全てが合併する案が浮上した。2015年7月2日、自治体間連合に加盟する全てのコミューン議会でコミューン・ヌーヴェル(frサルコジ政権時代に成立したフランス国家領土改革法によって、合併して誕生したコミューンの名称)創設の合否を採決、2015年12月15日に新たにシュミエ=アン=アンジューが誕生することになった[3]

経済

[編集]

コミューンはAOC登録されている白ワイン、コトー・デュ・レイヨン(fr)の産地である。レイヨン川の流れる県内27のコミューンは、コトー・デュ・レイヨンの地理的地域である[4]

人口統計

[編集]
1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
1126 1110 987 967 1014 1063 1257 1386

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[5]、2004年以降INSEE[6][7]

脚注

[編集]
  1. ^ Ouest-France, Bruno Bourcier élu pour un 3e mandat, article du 31 mars 2014
  2. ^ La Jumellière sur le site BDF49
  3. ^ Ouest-France (3 July 2015). "Feu vert pour trois communes nouvelles". ouest-france.fr. {{cite web}}: Cite webテンプレートでは|access-date=引数が必須です。 (説明).
  4. ^ INAO, Fiche Coteaux du Layon, consultée le 2 septembre 2012
  5. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=18020
  6. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  7. ^ http://www.insee.fr