ラ・コル=シュル=ルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
La Colle-sur-Loup
Blason LaColle-sur-Loup.svg
La Colle-sur-Loup.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏Flag of Provence-Alpes-Cote dAzur.svg
(département) アルプ=マリティーム県Arms of Nice.svg
(arrondissement) グラース郡
小郡 (canton) カーニュ=シュル=メール=ウェスト小郡
INSEEコード 06044
郵便番号 06730
市長任期 クリスティアン・ベルケス
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération de Sophia Antipolis
人口動態
人口 7 676人
2010年
人口密度 782人/km2
住民の呼称 Collois
地理
座標 北緯43度41分14秒 東経7度06分16秒 / 北緯43.6872222222度 東経7.10444444444度 / 43.6872222222; 7.10444444444座標: 北緯43度41分14秒 東経7度06分16秒 / 北緯43.6872222222度 東経7.10444444444度 / 43.6872222222; 7.10444444444
標高 平均:m
最低:10 m
最高:351 m
面積 9.82km2
La Colle-sur-Loupの位置(フランス内)
La Colle-sur-Loup
La Colle-sur-Loup
公式サイト Site de la mairie
テンプレートを表示

ラ・コル=シュル=ルーLa Colle-sur-Loup)は、フランスプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏アルプ=マリティーム県コミューン

地理[編集]

海に近いと同時に、ニース(約18km)、アンティーブカンヌ(約25km)、グラース(約18km)といった大都市に近く、ルー峡谷の入り口にあたる。コミューンはルー川の西側に隣接している。コミューンの住宅地は982ヘクタールの緑地やいまだ残る農地に分散しており、とても自然な風景を残している。

由来[編集]

集落の名が初めて現れたのは1362年、Collaとしてで(オック語ではcòla)、丘か山を意味する。公文書に記載されている文には川の名がLe Loupとある。コミューンの西側境界線は、動物との直接的なつながりがあった。遠い昔から1860年まで、谷の一部の場所では野生動物が生息し、オオカミ(loup)がはびこっていたのである。

歴史[編集]

中世、ラ・コル=シュル=ルーの住民は、サン=ポール=ド=ヴァンスと統合されていた。サン=ポールが拡大し、フランソワ1世時代に城壁が築かれると、多くの住宅が壊され住民はラ・コル集落へ移っていった。コミューンとなったのは1792年である。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
2096 2611 3700 4749 6025 6697 7434 7676

参照元:1999年までEHESS[1]、2000年以降INSEE[2][3]

経済[編集]

長い間、ラ・コルはグラースの香水産業用のバラ栽培が盛んな農業の自治体であった。また、その名を高めたアンティーク・ショップやアート・デザイナーが多くいる。

ゆかりの人物[編集]

  • イヴ・クライン - 画家。家族が暮らす家をラ=コルにもち、死後にラ・コルに埋葬された。
  • ダニエル・ペナック - ラ・コルに一時期家族と一緒に暮らしていた
  • エミリー・フェール - 2012年ロンドンオリンピックカヌー競技女子シングルスラロームの金メダリスト。1996年からラ・コルのスポーツクラブで練習している。
  • ベルナール・コロン - 元F1のドライバー。ラ・コルで死去

姉妹都市[編集]

脚注[編集]