ラ・グアイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯10度36分00秒 西経66度55分59秒 / 北緯10.60000度 西経66.93306度 / 10.60000; -66.93306 ラ・グアイラ (La Guaira)は、ベネズエラ中北部、バルガス州バルガス市にある港湾都市で、同州の州都である。スペイン植民地時代からカラカスの外港として発展した。

アビラ山から(2004年9月)

スペイン人が南アメリカに到達したころ、今のラ・グアイラにはウアイラというインディオの集落があった。1589年スペイン人のディエゴ・デ・オソリオがサン・ペドロ・デ・ラ・グアイラ (San Pedro de La Guaira) の名で町を建設した。カラカスから約30キロメートルの位置にあり、カラカスの発展とともにラ・グアイラの重要性も増した。

カラカスとの間にはアビラ山が聳え立つ。古くはスペイン人王道という山越えの道が用いられ、後にタカグア沢の谷を回るカラカス=ラ・グアイラ街道がつけられた。高架とトンネルを多用するカラカス=ラ・グアイラ自動車道が現在の幹線道路である。19世紀鉄道が敷かれたこともあったが、今は廃止されて存在しない。