ラヴェンナの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラヴェンナの戦い
The Death of Gaston de Foix in the Battle of Ravenna.jpg
アリ・シェフェールによる「ガストン・ド・フォワの戦死」
戦争カンブレー同盟戦争
年月日:1512年4月11日
場所ラヴェンナイタリア
結果:フランスの勝利
交戦勢力
フランス
フェラーラ公国
神聖同盟:
スペイン
教皇国
指導者・指揮官
ガストン・ド・フォワ レイモンド・デ・カルドナ
戦力
~23,000 ~16,000
損害
戦死 ~3,000または4,500
負傷 ~4,500
(ガストン・ド・フォワ戦死)
戦死 ~9,000
負傷者 不明

ラヴェンナの戦い(ラヴェンナのたたかい、:Battaglia di Ravenna, :Bataille de Ravenne)は、カンブレー同盟戦争の一環として1512年に発生したフランス軍と神聖同盟軍との戦い。

概要[編集]

事の発端はフランス王ルイ12世ラヴェンナを占領したことから始まった。これに対して、教皇ユリウス2世は神聖同盟を結成する。

両軍はラヴェンナ近郊で戦争を開始し、フランス軍が勝利した。フランス軍の勝因には、フェラーラの砲兵隊が加わっていたことも挙げられる。

その後[編集]

フランス軍は勝利したが、総大将ガストン・ド・フォワが戦死したためボローニャに撤退し、ラヴェンナは教皇領に戻った。

1513年、ユリウス2世はドイツ軍を引き込むために領土割譲を要求した。そのため、ヴェネツィアはフランスと同盟を結んだ。