ランレベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ランレベル: Runlevel)とは、UNIX System V 系のinit処理を実装したオペレーティングシステムに見られる動作モードを意味する。一般に 0 から 6 までの7つのランレベルか、0 から 9 までの10のランレベルを使うことが多い。

通常、ランレベル 0 になるとコンピュータは停止し、ランレベル 6 ではリブートされる。それらの中間のランレベル(1 - 5)は、マウントするディスクドライブ、ネットワークサービスを起動するか否かなどで差異がある。低いランレベルは、保守や緊急の事態への対処に使われ、ネットワークサービスを起動しないことが多い。ランレベルの詳細はオペレーティングシステムによって異なるし、システムアドミニストレータによる設定も可能なので、システムによっても異なる。

ランレベルのシステムは、Version 7 Unix で使われていた /etc/rc スクリプトを置き換えたものである。

標準のランレベル[編集]

標準ランレベル
ID 名称 説明
0 停止 システムの停止、またはシャットダウン
S シングルユーザモード ネットワーク機能(デーモン)を起動しない(注1)
6 リブート システムのリブート
注1)ほとんどのシステムでランレベル 1 をこの目的に使っている。システム保守のための安全な環境を提供するためのモードである。本来は、コンソール端末だけが動作しスーパーユーザー向けのログインシェルが動作した。ブート処理の変化により、このランレベルの位置づけが変わってきている。

Linux[編集]

Linuxでは、sysvinitプロジェクトによってランレベルが取り入れられた。Linuxカーネルがブートされると、init プログラムが /etc/inittab ファイルを読み込んで、各ランレベルでの動作を決定する。ユーザーがカーネルのブートパラメータとして指定しない限り、システムはデフォルトのランレベルで動作を開始する。

多くのシステムで、現在のランレベルを以下のようなコマンドで確認できる。

$ runlevel         # as root
$ who -r           # as any user

多くのLinuxディストリビューションでは、標準のランレベルに加えて、次のようなランレベルを定義している。

典型的なLinuxのランレベル
ID 名称 説明
1 シングルユーザーモード ネットワークやデーモンを起動せず、root 以外のログインを許可しない(注2)
2 マルチユーザーモード ネットワークを起動しない(注3)
3 ネットワーク有のマルチユーザーモード 通常のモード(注3)
4 未使用
5 X11 ランレベル 3 + Xディスプレイマネージャ起動
注2)上記以外のこのランレベルの動作はシステムによって異なる。どのディストリビューションでも少なくとも1つの仮想端末を提供する。ディストリビューションによっては、スーパーユーザー向けログインシェルを起動させ、パスワードの入力を求められる。別のディストリビューションでは、任意のユーザーがログインできるログインシェルを起動させる。
注3)ランレベル2 と 3 が全く同じ場合もある(ネットワーク有のマルチユーザーモード)。
Debian
Debian 系の多くのディストリビューションでは、ランレベル 2 から 5 を区別しない。[1]
  • 0 - 停止
  • 1 - シングル
  • 2 から 5 - マルチユーザーモードで、Xディスプレイマネージャも起動
  • 6 - リブート
Ubuntu
6.10(Edgy Eft)以降、Upstart を代替として採用しているが、スクリプトは従来通りで、互換ツールによって従来のランレベルをエミュレートしている。
Red Hat Linux[2]
レッドハット系のディストリビューションでは、ランレベルは次のようになっている。
  • 0 - 停止
  • 1 - シングルユーザー
  • 2 - 未使用/ユーザー定義可能
  • 3 - マルチユーザー、コンソールログインのみ
  • 4 - 未使用/ユーザー定義可能
  • 5 - ランレベル 3 + Xディスプレイマネージャ起動
  • 6 - リブート
どのサービスがどのランレベルで起動するかは、chkconfig ツールで管理できる。
SUSE
Red Hat とほぼ同じ設定である。
  • 0 - 停止
  • 1 - シングル
  • 2 - マルチユーザー(ネットワーク無)
  • 3 - マルチユーザー(ネットワーク有、Xディスプレイマネージャ無)
  • 4 - 未使用/ユーザー定義可能
  • 5 - ランレベル 3 + Xディスプレイマネージャ起動
  • 6 - リブート
Slackware [3]
Slackware では、ランレベル 1 を保守用とし、ランレベル 2,3 は同じ設定で、ランレベル 4 では X Window System も起動する。
  • 0 - 停止
  • 1 - シングル
  • 2 - マルチユーザー(Xディスプレイマネージャ無)
  • 3 - マルチユーザー(Xディスプレイマネージャ無)
  • 4 - マルチユーザー(Xディスプレイマネージャ有)
  • 5 - 未使用/ユーザー定義可能
  • 6 - リブート
Gentoo Linux[4]
  • 0 - 停止
  • 1 - シングル
  • 2 - マルチユーザー、ネットワーク無し
  • 3 - マルチユーザー、ネットワーク+Xディスプレイマネージャ
  • 4 - ランレベル 3 と同じ
  • 5 - ランレベル 3 と同じ
  • 6 - リブート

UNIX[編集]

UNIX System V Releases 3 および 4
  • 0 - シャットダウンを実行。ハードウェアがサポートしている場合、そのまま電源を切る。コンソールからのみ実行可能。
  • 1 - シングルユーザーモード。root 以外のファイルシステムはマウントされない(既にマウントされていたらアンマウント)。コンソールプロセス以外のプロセスを終了させる。
  • 2 - マルチユーザーモード
  • 3 - マルチユーザーモード + RFS(Release 4 では NFS も)のファイルシステムをエクスポート
  • 4 - マルチユーザー、ユーザー定義
  • 5 - オペレーティングシステムを停止し、ファームウェアへ移行
  • 6 - システムを停止し、デフォールトのランレベルを再起動
  • s, S - 1 と同じだが、現在の端末がコンソールとなる。
Solaris
  • 0 - オペレーティングシステムを停止。SPARCの場合、OpenBootのプロンプトに移行
  • S - シングルユーザー、root ファイルシステムのみマウント(リードオンリー)
  • 1 - シングルユーザー、全ローカルファイルシステムをマウント(リード/ライト)
  • 2 - マルチユーザー、ほとんどのデーモンを起動
  • 3 - マルチユーザー、ランレベル 2 の動作に加えて、ファイルシステムのエクスポート、その他のネットワークサービスを起動
  • 4 - 予備のマルチユーザーモード。ユーザー定義
  • 5 - シャットダウンし、ハードウェアがサポートしていれば電源を切る。
  • 6 - リブート
HP-UX
  • 0 - システム停止
  • S - シングルユーザー、コンソールのみ起動、root ファイルシステムのみをマウント(リードオンリー)
  • s - シングルユーザー、S とほぼ同じだが、現在の端末がコンソールとなる。
  • 1 - シングルユーザー、全ローカルファイルシステムをマウント(リード/ライト)
  • 2 - マルチユーザー、ほとんどのデーモンと Common Desktop Environment を起動
  • 3 - マルチユーザー、2 に加えて、NFS のエクスポートを行う。
  • 4 - マルチユーザー、CDE ではなく VUE を起動
  • 5 - ユーザー定義
  • 6 - ユーザー定義
AIX
UNIX System V Release 4 のランレベル定義に従っていない。0 から 9 までのランレベルがあり、0 と 1 は予約されている。2 が通常のマルチユーザーモードで、3 以降はアドミニストレータが定義する。

脚注[編集]

  1. ^ Debian FAQ on booting
  2. ^ SysV Init Runrevels Red Hat Linux 9: Red Hat Linux Reference Guide
  3. ^ [1]
  4. ^ Initscripts Gentoo Linux x86 Handbook

関連項目[編集]

外部リンク[編集]